鈴木太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 太郎(すずき たろう、1942年12月22日 - )は俳人。俳誌「雲取」主宰。本名は宏。

経歴[編集]

福島県生まれ。東洋大学文学部国文学科卒業。

1966年加藤楸邨に師事、俳誌「寒雷」に入会(1970年、退会)。1970年森澄雄に師事、「杉」創刊に参加。翌年、第1回杉賞を受賞 [1]1984年、同人誌「晨」創刊に参加(1997年、退会)。1990年、超結社の勉強会「塔の会」に入会(その後、幹事)。1997年、「雲取」を創刊し、主宰。

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「杉賞」は過去1年間の作品に対して与えられる。作品は「杉」昭和46年9月号に「わが家族」20句が抜粋として掲載されている。

外部リンク[編集]