鈴木一平 (実業家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
すずき いっぺい
鈴木 一平
生誕 1887年10月24日
死没 (1971-08-29) 1971年8月29日(83歳没)
国籍 日本の旗 日本
子供 10人
敏夫(長男)
啓介(次男)
荘夫(三男)
淑夫(四男)
康司(五男)

鈴木 一平(すずき いっぺい、1887年明治20年)10月24日 - 1971年昭和46年)8月29日)は、日本実業家大修館書店創業者。千葉県出身。

略歴[編集]

  • 16歳の時、修学堂に入店。出版屋小僧として修行
  • 1918年9月10日 大修館書店創業
  • 1925年 漢和辞典の出版企画を思い立ち、水野彌作の紹介で諸橋轍次と会う
  • 1928年 諸橋轍次との間に出版契約が成立
  • 1943年9月10日 大修館書店大漢和辞典巻一を発行
  • 1968年12月 創業50年を機に経営を退く
  • 1971年8月29日 死去

言葉[編集]

  • 「いやしくも出版は天下の公器である、一国文化の水準とその全貌を示す出版物を刊行せねばならぬ。これこそ出版業者の果さねばならぬ責務である。」[1]

出典[編集]

  1. ^ 鈴木一平 (1960年5月25日). “出版後記 『大漢和辞典』記念室”. 大修館書店. 2013年2月14日閲覧。

参考文献[編集]

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]