釜山市電

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
釜山電車[1]
Busan Tram2.JPG
東亜大学校富民キャンパスに展示されている釜山市電で使用されたアメリカ製電車
各種表記
ハングル 부산전차
漢字 釜山電車
発音 プサンジョンチャ
テンプレートを表示

釜山市電(ぷさんしでん)では、大韓民国(韓国)の釜山直轄市(現・釜山広域市)に存在した市電路面電車)について記す。なお、市営になったのは末期だけで、戦前から戦後しばらくは電力会社の経営であった。

概要[編集]

釜山市の市電は、元々東莱温泉への湯治客の輸送を目的として、1909年に釜山鎮から東莱温泉までの間を開業させていた軽便鉄道釜山軌道[2]を、電力・ガス会社韓国瓦斯電気[3](後に朝鮮瓦斯電気と改称)が買収して、改軌・電化を行った事により始まった。

計画は1911年に始まり、1915年より順次営業を開始、その後は環状線の建設等もなされ、市民の足として約17.7km(11マイル)の路線網を有するに至った。開業区間は釜山府内5.5マイル、釜山鎮-東莱間5.9マイル、電動客車29両、昭和元年(1926年)時の旅客人員は6,103,081人[4]1937年には朝鮮南部の電力会社が統合され、南鮮合同電気となった。

太平洋戦争後、日本人が引き上げて電車の運行は韓国人の手に移るが、おりしも資材不足と整備不良で電車の稼働率は徐々に低下した。これを都市交通の破壊と危惧した米国は、ロサンゼルスの路面電車車両が路線の一部廃止で不要となっていることを利用し、援助と言う形でそれを運び込んだ。1950年代に、設備の老朽化もあって一部の路線を廃止。1961年には、南鮮合同電気・京城電気・朝鮮電業との合併で発足した韓国電力株式会社(のちの韓国電力公社)に、経営母体が代わっている。

1963年には富士車輌の電車も新規導入され、一部の路線は複線化も行うなど乗客増になっていたが、道路使用料の市への支払いが大きな負担になっていたこともあって、運営を市に移管する事になる。その後はモータリゼーションの発達に飲み込まれ、結局は1968年5月20日限りで全廃となった。同年にはソウル特別市からも路面電車が廃止され、韓国における路面電車の歴史はここに途絶えた。

全廃後、釜山市電で使用していた米国製電車一両が西区東亜大学校九徳キャンパスに保存[5][6][7]されていたが、長い間一般には公開されていなかった。しかし、2009年3月の新キャンパスの完成にあわせて電車が一般公開されることになった。また東亜大学では“近代文化遺産”への指定も推進することにしている[8]。予定よりやや遅れることの2010年12月23日から、富民キャンパスに修復された電車が一般にお披露目された[9][10]

年表[編集]

  • 1910年(明治43年)11月22日 韓国瓦斯電気が釜山軌道(軌間610mm 動力蒸気)を買収し営業を継承。
  • 1911年(明治44年)3月20日762mm改軌工事に着手。7月11日に完成。
  • 1913年(大正2年)2月27日 総会において朝鮮瓦斯電気へ社名変更決議
  • 1915年(大正4年)11月1日 釜山-東莱温泉場間電車開通(762mm)
  • 1916年(大正5年)9月22日 大庁町線(郵便局前-大庁町-富城橋)開通。このころに蒸気機関車廃車 
  • 1917年(大正6年)12月19日 長手線(大庁町-長手通)開通。市街一周線完成(12哩8)
  • 1918年(大正7年)12月1日 自動車運輸営業開始
  • 1920年(大正9年)3月25日 自動車運輸営業廃止
  • 1927年(昭和2年)10月末 東莱温泉場終点延長。温泉場駅新築。
  • 1928年(昭和3年)9月 大新町線開通
  • 1931年(昭和6年)10月末 1067mm改軌
  • 1935年(昭和10年)3月 自動車運輸営業再開

路線[編集]

  • 凡一町線 (3.979Km)
  • 牧ノ島線 (1.966Km)
  • 長手線 (3.376Km)
  • 大庁町線 (1.488Km)
  • 東莱線 (10.906Km)

1938年時点

輸送実績[編集]

年度 旅客人員(人)
1920 2,362,537
1921 3,094,151
1922 3,957,763
1923 4,400,758
1924 4,767,135
1925 7,970,737
1926 6,103,081
1927 9,754,867
1928 7,526,876
1929 7,733,780
1930 7,131,788
1931 6,832,539
1932 6,510,702
1933 6,673,483
1934 7,475,992
1935 8,482,698
1936 9,904,903
1937 11,561,087
  • 『朝鮮鉄道状況』20回25回29回(国立国会図書館デジタルコレクション)

脚注[編集]

  1. ^ 朝鮮語版ウィキペディアでは「釜山電車」となっていたので、本稿における各種表記でもそれに従うこととする。
  2. ^ 『日本全国諸会社役員録. 明治43年』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 本社東京。会長は東京馬車鉄道社長だった牟田口元学『日本全国諸会社役員録. 明治44年』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 『帝国鉄道年鑑. 昭和3年版』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 九徳運動場前から東亜大学まで(保存車両の写真あり)
  6. ^ 釜山に残る電車1 (車体)
  7. ^ 釜山に残る電車2 (足回り)。脚注2~4はいずれも「釜山でお昼を」のサイトより
  8. ^ 추억의 '부산전차' 내달 시민에 개방(追憶の‘釜山電車’来月市民に開放)釜山日報2009年2月16日
  9. ^ "추억의 부산전차, 시민 품으로(追憶の釜山電車、市民の懐に)"부산시 인터넷신문(釜山市インターネット新聞)BUVI News 2010年12月29日13時43分配信 2011年1月10日閲覧
  10. ^ なつかしの路面電車.連合ニュース2011年7月20日

参考文献[編集]

  • 『朝鮮鉄道四十年略史』朝鮮総督府鉄道局、1940年
  • 『朝鮮瓦斯電気株式会社発達史』朝鮮瓦斯電気、1938年

外部リンク[編集]

いずれも「釜山でお昼を」のサイト。

関連項目[編集]