清津市電

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
清津市電
基本情報
朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮
所在地 清津市
種類 路面電車
開業 1999年
運営者 朝鮮民主主義人民共和国鉄道省
詳細情報
総延長距離 13km
路線数 1
軌間 1435 mm
テンプレートを表示
清津市電
各種表記
ハングル 청진 궤도전차
漢字 淸津軌道電車
発音 チョンジンケドジョンチャ
日本語読み: せいしんきどうでんしゃ
2000年式
MR式
Cheongjin Gwedojeoncha
Ch'ŏngjin Kwedochŏnch'a
テンプレートを表示

清津市電(チョンジンしでん)では、朝鮮民主主義人民共和国咸鏡北道清津市路面電車市電、現地では「軌道電車、キドチョンチャ」)について記す。

路線[編集]

清津には1970年トロリーバス(無軌道電車)が開業していたものの、電力不足により運行本数が激減していた。またゴムの不足によるタイヤなどの整備不良や、輸送力が低いという問題も抱えていたため、平壌市における路面電車投入が成果を収めたことから、1990年代末に清津における路面電車の敷設が政府により決定された。

金正日立会いの下、1998年11月より人力に頼った敷設工事を開始し、1999年7月2日に開通した。第一次開業区間は南清津 - 鳳泉洞間の6kmである。同年12月24日には沙峯 - 南清津間が延伸され、総延長は13kmとなった[1]。 しかし、その後は資源不足もあって延伸がなされず、予定路線32kmのうち上記の区間が開業しただけであるという。車両は平壌から運ばれたと伝わる。

電力不足の深刻化により、一時期運行が停止されたが、最近は再び運行が再開されている。

路線[編集]

  • 沙峯洞 - 南清津 - 鳳泉洞間(13km)

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 「将軍様の鉄道 北朝鮮鉄道事情」ISBN 4103037318(国分隼人、新潮社)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]