金龍ラーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金龍株式会社
Dotonbori, Osaka - DSC05719.JPG
金龍ラーメン本店
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
542-0077
大阪府大阪市中央区道頓堀1-1-18
設立 1982年
業種 サービス業
事業内容 飲食事業
代表者 代表取締役 林一
支店舗数 5店舗
テンプレートを表示
金龍ラーメン(2006年撮影)

金龍ラーメン(きんりゅうラーメン)は、大阪府大阪市中央区に本社を置く金龍株式会社によるラーメン店の屋号。

道頓堀を中心としたミナミエリアに展開しており、派手な外装とともに大阪ミナミを代表するラーメンチェーンとして知られる。

概要[編集]

1982年(昭和57年)に林一が開業。神座(かむくら)とともに、ミナミを代表する老舗ラーメン店として知られる。スープは鶏ガラベースの薄くシンプルな味であり、麵はストレート中細麺である。これにセルフサービスで供される白菜キムチニラキムチ、おろしニンニクなどをお好みでトッピングも出来るほか、無料でライスも提供している。

メニューは「ラーメン」、「チャーシューメン」の二種類のみで、店舗によってはライスが食べ放題となっている。

本店をはじめ基本的に24時間営業となっており、昼間には観光客が、深夜には酔客が多数訪れる。特に深夜は24時間営業で待ち時間が少ないという事もあり、ミナミで飲んだ後の締めでラーメンを食べに立ち寄る客が多い[1][2]

店内は朱色に統一され、店の屋根には龍のオブジェの看板が設置されている[2]。この看板は、地元民放局の毎日放送が制作・放送していた『まんが日本昔ばなし』のオープニングアニメーションに登場する龍をモチーフに、看板業者の「ポップ工芸」が1997年に製作。金龍側からは、「怖い龍ではなく可愛い龍に仕上げて欲しい」という注文があったという。この看板が評判を呼び、以後同社は多くの立体看板の製作を手掛けるようになった[3][4]。また、金龍ラーメンも「あの竜の看板の」とよく言われるようになったという[3]

店舗[編集]

2017年現在、以下の5店舗が存在する。

本店
大阪府大阪市中央区道頓堀1-1-18
難波千日前店
大阪府大阪市中央区難波千日前11-20
戎橋店
大阪府大阪市中央区難波3-3
御堂筋店
大阪府大阪市中央区難波1-7-12
道頓堀店
大阪府大阪市中央区道頓堀1-7-26

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 週刊朝日 2001, p. 178.
  2. ^ a b 【御堂筋すごろく】(85コマ)龍のオブジェ 屋根に鎮座.『産経新聞(大阪)』.2006年10月20日付夕刊、タウンニュース
  3. ^ a b コテコテ看板、大阪流 試行錯誤で技、海外の注文も 八尾の会社【大阪】.『朝日新聞(大阪)』.2012年10月05日付夕刊、1面
  4. ^ 巨大な立体看板製造、大阪府八尾市―リアルすぎもあかん(現場百景).『日本経済新聞(大阪)』.2013年01月22日付夕刊、29面

参考文献[編集]

  • 『ぴあBOOK ~大阪・兵庫・京都・滋奈和~ 本当においしい店(1) ラーメン101店』(ぴあ 発行:1995/07/10) 
  • 小野員裕「連載47 魂のラーメン 金龍ラーメン 御堂筋店」、『週刊朝日』、朝日新聞社2001年1月19日、 178頁。