金熙虎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金 熙虎 Football pictogram.svg
名前
カタカナ キム・ヒホ
ラテン文字 KIM Hee-Ho
ハングル 김희호
基本情報
国籍 大韓民国の旗 韓国
生年月日 (1981-06-26) 1981年6月26日(37歳)
出身地 大韓民国
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

金 熙虎(キム・ヒホ、朝鮮語: 김희호、1981年6月26日 - )は、大韓民国出身のサッカー指導者。

来歴[編集]

ソウル体育高等学校仁川大学校までは選手としてプレー。しかし大学時代に負った怪我などの影響で選手生活にピリオドを打ち、指導者の道に進んだ。イギリスへ留学し英語を一から学んだ後、イギリス国内のスポーツ分野で有名なウェールズ大学カーディフ校大学院のコーチング科学の修士課程を修了。2008年に韓国人として初めてUEFA公認B級コーチライセンスを取得。取得の際には、オーレ・グンナー・スールシャールライアン・ギグスガリー・ネヴィルとともにFAが主催する指導者コースの教育を受けた[1]

2009年に帰国した後は、大韓サッカー協会の通訳などで活躍。2010年から尹晶煥がヘッドコーチ(後に監督)を務める日本サガン鳥栖のコーチに就任した[2]。尹とは坡州NFCで前年出会っていた[3]2012年4月7日のJ1第5節名古屋グランパス戦で、前の試合で退席処分を受けた影響で1試合のベンチ入り停止処分を受けた尹晶煥監督に代わり、監督代行として指揮を執った[4]

学歴[編集]

指導歴[編集]

脚注[編集]