金澤雄一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
金澤 雄一郎
国籍 日本
研究機関 ニューヨーク大学 (1988-1991)
筑波大学 (1991-2016)
国際基督教大学(2016-現在)
研究分野 統計科学
経済統計
確率論
統計数学
経営学
応用経済学
母校 東京大学
イェール大学
学位 Ph.D in Statistics (Yale University)
博士課程
指導教員
John Hartigan
テンプレートを表示

金澤 雄一郎(かなざわ ゆういちろう)は、日本統計学者国際基督教大学教養学部アーツ・サイエンス学科教授[1]。第16代筑波大学理工学群社会工学類長。筑波大学名誉教授

経歴[編集]

主な所属学会[編集]

主な著作[編集]

著書[編集]

  • 『計量経済学ハンドブック』朝倉書店、2007年

論文[編集]

  • An optimal variable cell histogram. Communications in Statistics, Part A: Theory and Method, 17(5):1401--1422. 1988.
  • An optimal Variable cell histogram based on the sample spacings, The Annals of Statistics, 20(1), pp. 291-304, 1992.
  • Hellinger distance and Akaike's information criterion for the histogram. Statistics & Probability Letters, 17(4):293-298. 1993
  • Hellinger distance and Kullback-Leibler loss for the Kernel density estimator. Statistics & Probability Letters, 18(4):315-321. 1993.
  • Modeling party support of Japanese voters in the early 1996. Behaviormetrika, 25(1):25-44. 1998.
  • Modeling the profiles of Japanese independent voters in the early 1996. Behaviormetrika, 25(2):133-149. 1998.
  • On the asymptotic equivalence of Hellinger distance and Kullback-Leibler loss. Journal of the Japan Statistical Society, 29(1):1-21. 1999.
  • Evaluating treatments of rapidly progressive glomerulonephritis when the response is potentially non-ignorably missing. Japanese Journal of Biometrics, 21(1):13-37. 2000.

脚注[編集]