金沢真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

金沢 真(かなざわ まこと、1992年5月24日 - )は、日本棋院関西総本部所属の囲碁棋士、七段。神奈川県平塚市出身。藤沢秀行名誉棋聖門下。

来歴[編集]

父は毎日新聞社記者にして、全日本学生本因坊戦4連覇・日本アマ囲碁最強戦を制するなどのアマチュア強豪の盛栄[1]。兄の栄介もアマチュア強豪[2]。」祖父の影響で小学1年から囲碁をはじめ藤沢秀行の教室に通う。第29回神奈川県社会福祉作文コンクールでテレビ神奈川社長賞を獲得する[3]など、文筆においても父譲りの才を見せている。

2002年、平塚市立なでしこ小学校4年時少年少女囲碁大会全国大会に出場。3回戦で敗れる。[4]2003年、同5年時少年少女囲碁大会全国大会に出場。1回戦は平田智也に勝つも、2回戦で富士田明彦に敗れる。[5] 全日本こども囲碁大会では、4位となる。2004年、同6年時少年少女囲碁大会[6]全日本こども囲碁大会で優勝を果たす。第1回小・中学校囲碁団体戦には、神奈川Aチームの一員として出場し準優勝。全日本アマチュア本因坊戦では、ベスト16に進出。(父は3位) 記念対局で2子で加藤正夫九段に勝利するなど目覚しい活躍を見せる。冬季棋士採用試験に外来として臨むも、予選で敗退する[7]2005年、平塚市立浜岳中学校1年に進級し、少年少女囲碁大会全国大会中学生の部に出場も、敗退[8]。協和発酵杯争奪各段チャンピオン戦(名人戦)で優勝。

その後日本棋院院生となり、夏季棋士採用試験は富士田の次点の2位に終わり、冬季棋士採用試験に臨み、田尻悠人に次ぐ2位で入段する[9]

2012年新人王戦富士田明彦を2-1で降し、新人王となる。

2014年、予選を勝ち抜いて第40期名人リーグ入りを果たす。規定により、七段に飛付昇段。

2018年1月付けで関西総本部に移籍[10]

昇段・良績[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]