金子昌夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金子昌夫(かねこ まさお、1929年10月20日 - 2005年8月23日)は、文芸評論家。 神奈川県生まれ。「文学・現代」、「犀」同人を経て、『文藝」(河出書房新社)、『海燕』(福武書店)の「同人雑誌評」を担当した。

著書[編集]

  • 山川方夫論』冬樹社 1972
  • 『蒼穹と共生 立原正秋・山川方夫・開高健の文学』菁柿堂 1999
  • 牧野信一と小田原』夢工房 小田原ライブラリー 2002
  • 『小説の現実』菁柿堂 2004

参考[編集]