金子元臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金子 元臣(かねこ もとおみ、明治元年12月1日1869年1月13日) - 1944年昭和19年)2月28日)は、日本の国文学者歌人

人物[編集]

駿河国静岡県)出身。幕臣・金子勝秀の長男。幼名・富太郎。私塾で国文学を学び、國學院大學教授慶應義塾大学教授。短歌では落合直文の知遇を得、御歌所寄人

1892年(明治25年)『歌学』、1915年『あけぼの』を創刊・主宰した。『源氏物語』の本文研究に功績があった。

長男は立教大学名誉教授・国文学者の金子武雄ドイツ文学者大阪大学言語文化研究科名誉教授の金子元臣(1946 - )は同名異人。

著作[編集]

  • 『歌がたり』明治書院、1902
  • 『新体婦女鑑 勅語準拠』明誠館、1910
  • 悉達太子と耶輸陀羅妃 戯曲』河出書房、1934
  • 『謡曲と古今集』謡曲大講座刊行会、1934
  • 『金子元臣歌集』明治書院、1945

評釈など[編集]

  • 『古今和歌集評釈』明治書院、1901
  • 『新撰柿本人麿歌集』編 明治書院、1905
  • 枕草子評釋』明治書院、1921‐24
  • 『校註枕草子』明治書院、1922
  • 『源氏物語選』編 明治書院、1923
  • 『校註古今和歌集』編 明治書院、1923
  • 『定本源氏物語新解』明治書院、1925‐30
  • 『枕草子通解』明治書院、1929
  • 『校註源氏物語』明治書院、1932
  • 『古今和歌集通解』明治書院、1934
  • うつぼ物語 校註 俊蔭巻』明治書院、1935
  • 万葉集評釈』全4冊 明治書院、1935‐45
  • 『古今和歌集新抄』編 明治書院、1940
  • 『源氏物語新抄』編 明治書院、1941
  • 『略解和漢朗詠集』明治書院、1943

共編著[編集]

関連項目[編集]

参考[編集]

  • 『日本近代文学大事典』講談社、1984年
  • 『近代文学研究叢書 第53巻』昭和女子大学近代文化研究所 1982