金井淑子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金井 淑子(かない よしこ、1944年 - )は、日本の女性学研究者。立正大学文学部哲学科元教授。専門は、倫理学フェミニズムジェンダー研究。

東京教育大学大学院文学研究科修士課程修了。横浜国立大学教育人間科学部教授、同大学院環境情報学府教授、2010年定年退任、立正大学教授。2015年定年退任。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『転機に立つフェミニズム』(毎日新聞社, 1985年)
  • 『ポストモダン・フェミニズム―差異と女性』(勁草書房, 1989年)
  • 『女性学の練習問題―Hanakoと婦人のはざまで』(明石書店, 1991年)
  • 『フェミニズム問題の転換』(勁草書房, 1992年)
  • 『女性学の挑戦―家父長制・ジェンダー・身体性へ』(明石書店, 1997年)
  • 『異なっていられる社会を―女性学/ジェンダー研究の視座』(明石書店, 2008年)
  • 『依存と自立の倫理―「女/母」(わたし)の身体性から』(ナカニシヤ出版,2011年)
  • 『倫理学とフェミニズム ジェンダー、身体、他者をめぐるジレンマ』(ナカニシヤ出版,2013年)

編著[編集]

  • 『ワードマップ 家族』(新曜社, 1988年)
  • 『女性学という異文化体験―ウーマン・カレッジin新潟三区』(明石書店, 1992年)
  • 『ファミリー・トラブル―近代家族/ジェンダーのゆくえ』(明石書店, 2006年)
  • 『身体とアイデンティティ・トラブル―ジェンダー/セックスの二元論を超えて』(明石書店, 2008年)
  • 『“ケアの思想”の錨を―3.11、ポスト・フクシマ“核災社会”へ』(ナカニシヤ出版,2014年)

共編著[編集]

共訳書[編集]

外部リンク[編集]