野間埼灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
野間埼灯台
野間埼灯台
野間埼灯台の位置(愛知県内)
野間埼灯台
航路標識番号 2632
位置 北緯34度45分28.01秒 東経136度50分40.32秒 / 北緯34.7577806度 東経136.8445333度 / 34.7577806; 136.8445333座標: 北緯34度45分28.01秒 東経136度50分40.32秒 / 北緯34.7577806度 東経136.8445333度 / 34.7577806; 136.8445333
所在地 愛知県知多郡美浜町小野浦岩成20-1
塗色・構造 白色 塔形 コンクリート造
レンズ LED灯器V型
灯質 等明暗白光 明3秒暗3秒
実効光度 590 cd
光達距離 8.0海里(約15km)
明弧 326度から164度まで
塔高 18 m (地上 - 塔頂)
灯火標高 20 m (平均海面 - 灯火)
初点灯 1921年大正10年)3月10日
管轄 海上保安庁
第四管区海上保安本部

野間埼灯台(のまざきとうだい)は、愛知県知多郡美浜町(旧・野間町)の野間崎に立つ中型灯台である。通称は野間灯台

海側から見た野間埼灯台。2010年。

概要[編集]

1921年大正10年)3月10日に設置された愛知県最古の灯台で恋愛成就のジンクスでも知られる。

2008年平成20年)には、野間埼灯台機器改良改修工事が行われ第5フレネル式レンズLED灯器に交換され光度は15,000cdから590cdへ光達距離は約25kmから約15kmとなったものの省電力化され災害にも強くなった。この時交換されたフレネルレンズは三重県にある大王埼灯台に資料として保管されている。[1]

恋愛成就のジンクス[編集]

夕暮れの野間埼灯台と恋人

灯台の周りは2.5mある鉄製ので囲まれており、この柵に恋人同士で南京錠を掛けると恋愛が成就するというジンクスが雑誌などで紹介されたことにより広まり訪れる人が増えたため、この錠の重みで柵が倒壊するという事態が起きた。これを解消しようと2000年平成12年)4月、美浜町は灯台脇の小公園に恋之水神社から譲り受けた石材で造られた「恋の鍵塚」を設置したが認知度は低く効果は上がらなかった[2]

このため、2011年(平成23年)10月30日に、美浜町と日本福祉大学が共同で南京錠の取り付けられるアルミ製のモニュメントを制作。モニュメントは「終止線なく永遠に」という願いを込めた五線譜をモチーフとしており、「絆の音色」と名付けられた[3]

2012年(平成24年)11月4日には、新たなモニュメントとして「絆の鐘」が設置されている[4]

マスコットキャラクター[編集]

  • のまっキー - カモメと灯台をモチーフとした美浜町の観光PRキャラクター。絆の鐘の除幕式と同日にお披露目された[4]

交通アクセス[編集]

灯台の向かい側、道路の反対側には有料の駐車場が存在する。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]