野田凪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
野田凪
生誕 1973年11月18日
死没 2008年9月7日(2008-09-07)(34歳)
国籍 JPN

野田 凪(のだ なぎ、1973年11月18日 - 2008年9月7日[1] )は、日本クリエーターアートディレクター映像作家CMディレクター

有限会社宇宙カントリー主宰。映像プロダクション(エージェント)「パルチザン」(Partizan)所属。

人物[ソースを編集]

東京都生まれ。両親は共にクリエイターで、1歳の時に映画や舞台や能を200本[2]鑑賞させられたり、色を想像する訓練のためにモノクロのテレビを見させられたりなど、独創的な教育の元に育つ[3]女子美術大学付属高校女子美術大学芸術学部造形計画デザイン科卒業。広告代理店I&S大貫デザインサン・アドを経て独立。

2003年に創作集団・宇宙カントリーを設立。プロモーションビデオ(PV)、CM制作、CDジャケットデザインなど各種アートディレクションを手がける。2007年にアーティストのマーク・ライデンと共同でファッションブランド「broken label」を設立。2008年6月には第4回G-Star「Raw Nights」にて自作キャラクター『ニャンパン』の葬儀・告別式をアート演出した。

2008年9月11日ごろ、所属事務所のパルチザン公式サイト(英語版)[4]に、同年9月7日に急逝していたことが公表された。同年9月18日に、野田が代表を務める「宇宙カントリー」公式サイトにて死去の事実が発表された。宇宙カントリーでは、数年前に起きた事故の後遺症から用いた強い鎮痛剤誤飲による不慮の事故と発表している[5]

エピソード[ソースを編集]

おぎやはぎの大ファンである事を公言しており、「テレビ自体あまり見ないのでお笑いはあまり知らなかったのですが、おぎやはぎさんの存在を知ってからテレビを見るようになりました。番組収録を観に行ったのは初めてでちょっと恥ずかしかったのですが、お友達が応募してくれたので2度も行ってみました」と語るほどであった。また、「おぎやはぎnoだっぴんぐ」において制作費を出してまで、おぎやはぎ二人のPVを制作したり、小木を被写体にして写真を撮るなど生前に幾つか交流もあった[6]

主な作品制作・監修[ソースを編集]

著作[ソースを編集]

  • 野田凪(ギンザ・グラフィック・ギャラリー 2006年)

主な受賞歴[ソースを編集]

  • 東京TDC金賞(1999年)
  • 東京ADC賞(2001年)
  • JAGDA新人賞(2001年)
  • 東京TDC会員賞(2002年)
  • NY ADC賞銀賞(2002年)
  • NY ADC特別功労賞(2002年)
  • 東京TDC会員賞(2003年)
  • 東京ADC賞(2003年)
  • カンヌ国際広告賞ブロンズライオン(賞)(野田凪、Nexus Productions、コカコーラPV、2006年)

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 公式サイト宇宙カントリーにて公表。
  2. ^ 奇抜な映像で話題を振りまく、血統書付きクリエイター”. イノベーティブワン. 2008年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月21日閲覧。
  3. ^ DAZED Excite 野田凪 インタビュー”. 2003年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月21日閲覧。参考。
  4. ^ partizan.com home”. 2008年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月21日閲覧。
  5. ^ 宇多田、YUKIなど手がけた映像作家・野田凪さんが死去、oricon style、2008年9月18日
  6. ^ 耳袋&目袋. “DVD「おぎやはぎnoだっぴんぐ」”. 2008年6月8日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]