吉田ユニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉田 ユニ(よしだ ユニ、1980年10月2日[1] - )は、東京都出身のグラフィックデザイナーアートディレクター

来歴[編集]

女子美術大学付属高等学校・中学校女子美術大学芸術学部デザイン科造形計画専攻卒業[2]。中学校と高校で絵画デザインを学び、大学ではデザインを専攻。女子美付属校では弓道部に所属。

女子美術大学を卒業後、大貫デザインへ入社[1]大貫卓也に師事し、ラフォーレ原宿25周年キャンペーン、新潮文庫「Yonda?」キャンペーン等の制作に携わる。

野田凪が主宰する宇宙カントリーにアートディレクターとして参加し制作活動を行う。

2007年に独立[1]。広告デザイン、プロダクトデザイン、装丁、CDジャケットデザイン、パッケージデザインなど各方面で活躍。

主な作品[編集]

広告
CDジャケット

MUSIC VIDEO TOUR 2010-2017」「Family Song」 「ドラえもん (星野源の曲)」 「アイデア」(星野源 Yellow pass会員のみ購入可能) 「アイデア」「POP VIRUS」

ミュージックPV

個展[編集]

  • IMAGINATOMY(ラフォーレミュージアム原宿(2014年11月))[3]

作品集[編集]

  • GASBOOK30 YUNI YOSHIDA(2014年11月)

受賞歴[編集]

  • 東京ADC賞(2016年、三菱地所アルティアム「吉田ユニ展 IMAGINATORY」の環境空間)

出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「QONVERSATIONS」『"QUOTATION" Worldwide Creative Journal』No.13、MATOI PUBLISHING、2012年12月12日、19頁。NCID AA12509339全国書誌番号:01022495
  2. ^ 女子美術大学広報誌 175号
  3. ^ ラフォーレNEWS&EVENT

出典[編集]

外部リンク[編集]