野村万禄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野村 万禄(のむら まんろく、1966年昭和41年) - )は、日本の能楽師(狂言方和泉流)。社団法人日本能楽会会員(重要無形文化財総合指定保持者)。萬狂言、九州支部代表。

六世野村万蔵の孫。六世万蔵長女・華子の長男として生まれる。弟子に吉住講。 祖父の六世野村万蔵、伯父の初世野村萬(七世野村万蔵の隠居名)に師事。福岡市在住。

2000年に、狂言和泉流野村万蔵家の別家である「野村万禄家」を50年ぶりに再興。二世野村万禄を襲名。

福岡県を中心として九州5県に稽古場を開設するなど、一般にも門戸を開き、狂言の普及・指導に努めている。博多住吉神社能楽堂保存委員会代表。 福岡教育大学筑紫女学園大学福岡女子短期大学大分大学などで講師を勤めている。

略歴[編集]

  • 1973年:小舞「雪山」 - 初舞台
  • 1977年:「痺(しびり)」 - 初シテ 
  • 1987年:能「翁」 - 面箱披キ
  • 1991年:「奈須与一語」 - 披キ
  • 1992年:「三番叟」 - 披キ
  • 1995年:「釣狐」 - 披キ
  • 1996年:新作狂言「死神」 - 文化庁芸術祭優秀賞受賞
  • 1998年:「金岡」 - 披キ
  • 1999年:新作狂言「赤頭巾」「白雪姫」 - 文化財特別推薦特別賞受賞、ユニセフ特別賞受賞
  • 2000年:「花子」 - 披キ、二世野村万禄襲名
  • 2002年 : NHK大河ドラマ「利家とまつ〜加賀百万石物語〜」出演
  • 2003年:「木六駄」 - 披キ
  • 2010年 : 福岡県文化賞奨励部門受賞
  • 2013年:FBS福岡放送制作ドラマ「秘密」出演 (主人公の父親)

     FBS福岡放送 めんたいワイド コメンテーター (〜2015年)

  • 2014年:劇団ショーマンシップ 「亀井南冥伝」 友情出演 (奴国王役)