野中友博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野中 友博(のなか ともひろ、1962年10月6日 - )は日本の劇作家演出家である。

演劇実験室∴紅王国を主宰する。桐朋学園芸術短期大学演劇科卒業。同演劇科の16期生で、同期入学の学友には、てらそままさき林田尚親飯星景子日下由美平栗あつみ弥生みつきなどがいる。

1998年に『化蝶譚』でテアトロ新人戯曲賞を受賞している[1]

2016年白水社刊の「日本戯曲大事典」では、「泉鏡花寺山修司を尊敬し、幻想豊かな作風、硬質な文体に特徴がある」と紹介されている。その項目の執筆者は演出家劇評家石澤秀二である。

主著は戯曲『不死病(フジノヤマイ)』(カモミール社)、『戯曲が書ける』(ブロンズ新社斉藤憐小里清篠原久美子と共著)。総合演劇雑誌テアトロには、テアトロ新人戯曲賞受賞作『化蝶譚』の他、『我が名はレギオン』、『破提宇子』などの戯曲が掲載されている。2017年2月に最新作『海神の社』を主宰する演劇実験室∴紅王国によって上演。上演台本はテアトロ2017年3月号に掲載された。

高校生時代にはテレビ朝日系列の若者トーク番組「レッツ!VOICE」のレギュラー出演者の一人で、現・衆議院議員石原宏高とも共演していた。

脚注[編集]