酒井忠夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

酒井 忠夫(さかい ただお、1912年3月25日 - 2010年2月19日)は、中国史学者。

福井県坂井郡棗村小幡(現・福井市)生まれ。東京高等師範学校、1935年東京文理科大学東洋史学科卒業。中国・東亜研究所に勤務、敗戦で帰国。1961年「中国善書の研究」で東京教育大学文学博士。東京教育大学教授、1975年定年退官(東京教育大学名誉教授)、シンガポール南洋大学客員教授、1976年立正大学教授。1982年退官。

著書[編集]

  • 『世界史研究』績文堂出版・新学生研究叢書 1953
  • 『中国善書の研究』弘文堂 1960 国書刊行会 1972
  • 『詳解世界史 テーブル式』評論社 1965
  • 『精説世界史研究』中教出版 1971
  • 『中国民衆と秘密結社』吉川弘文館 ユーラシア文化史選書 1992
  • 酒井忠夫著作集』全6巻 国書刊行会
1-2 増補中国善書の研究 1999-2000
3 中国幇会史の研究 紅幇篇 1998
4 中国幇会史の研究 青幇篇 1997
5 道家・道教史の研究 2011
6 近・現代中国における宗教結社の研究 2002
  • 『中國日用類書史の研究』国書刊行会 2011

共編著[編集]

  • 『世界史精選問題集』編著 績文堂出版 1954
  • 『くわしく学べる中学生の歴史』横山十四男共著 績文堂出版 1959
  • 『道教の総合的研究』編 国書刊行会 1977
  • 『東南アジアの華人文化と文化摩擦』編 巌南堂書店 1983 叢書・アジアにおける文化摩擦
  • 『日本・中国の宗教文化の研究』山田利明福井文雅共編 平河出版社 1991
  • 『台湾の宗教と中国文化』編 風響社 1992
  • 『選集道教と日本 第1巻 道教の伝播と古代国家』野口鉄郎共編 雄山閣出版 1996
  • 『中國日用類書集成』全14卷 酒井監修 坂出祥伸小川陽一編 汲古書院 2000-2004

記念論集[編集]

  • 『歴史における民衆と文化 酒井忠夫先生古稀祝賀記念論集』国書刊行会 1982

参考[編集]