山田利明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山田 利明(やまだ としあき、1947年6月2日[1] - )は、中国哲学・道教学者、東洋大学教授。

東京都生まれ。1971年東洋大学文学部中国哲学科卒業、同大学大学院修士課程修了、1976年大正大学大学院博士課程満期退学、大正大学文学部助手。1983-84年カリフォルニア大学バークレー校客員研究員。1986年東洋大学文学部講師、90年助教授、97年教授。95年「六朝における道教儀礼の研究」で大正大学文学博士

著書[ソースを編集]

  • 『中国学の歩み 二十世紀のシノロジー』大修館書店 あじあブックス 1999
  • 『六朝道教儀禮の研究』東方書店 1999
  • 『道法変遷 歴史と教理』春秋社 シリーズ道教の世界 2002

共編著[ソースを編集]

  • 『中国文人書画家名鑑』共著 世界聖典刊行協会 1981
  • 『太上洞淵神呪経語彙索引』遊佐昇共編 松雲堂書店 1984
  • 『道教の歴史と文化』田中文雄共編 雄山閣出版 1998
  • 『講座道教 道教と中国思想』福井文雅,前田繁樹共編 雄山閣出版 2000
  • 『エコロジーをデザインする エコ・フィロソフィの挑戦』河本英夫,稲垣諭共編著 春秋社 2013

論文[ソースを編集]

[ソースを編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年

外部リンク[ソースを編集]