遠藤織枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

遠藤 織枝(えんどう おりえ、1938年 - )は、日本言語学者

岐阜県生まれ[1]1961年お茶の水女子大学国文科卒。1977年、同大学院人文科学研究科博士課程中退。2003年、「中国女文字研究」でお茶の水女子大学より博士(人文科学)を取得[2]文教大学教授を務め、2009年に退職。日本語学・日本語教育専攻。1988年エイボン女性年度賞受賞。2017年文化庁長官表彰[3]

著書[編集]

  • 『気になる言葉 日本語再検討』南雲堂 1987 叢書・ことばの世界
  • 『中国の女文字 伝承する中国女性たち』三一書房 1996
  • 『女のことばの文化史』学陽書房 1997 陽selection
  • 『気になります、この「ことば」』小学館ジェイブックス 1998
  • 『中国雲南摩梭族の母系社会』勉誠出版 2002 遊学叢書
  • 『中国女文字研究』明治書院 2002
  • 『視覚障害者と差別語』明石書店 2003
  • 『昭和が生んだ日本語 戦前戦中の庶民のことば』大修館書店 2012

共著・編著[編集]

  • 『女性の呼び方大研究 ギャルからオバさんまで』編 三省堂 1992
  • 『概説日本語教育』編 三修社 1995
  • 『颯爽たる女たち 明治生まれーことばで綴る100年の歴史』小林美恵子高崎みどり共著 梨の木舎 1999 教科書に書かれなかった戦争・らいぶ
  • 『女とことば 女は変わったか日本語は変わったか 壽岳章子さんの喜寿を記念して』編 明石書店 2001
  • 『日本語教育を学ぶ その歴史から現場まで』編 三修社 2006
  • 『ことばとジェンダーの未来図 ジェンダー・バッシングに立ち向かうために』編著 明石書店・明石ライブラリー 2007
  • 『三省堂現代新国語辞典』第3版 市川孝見坊豪紀進藤咲子西尾寅弥共編 三省堂 2007
  • 『中国人学生の綴った戦時中日本語日記』黄慶法共編著 ひつじ書房 2007
  • 『消えゆく文字中国女文字の世界』黄雪貞共編著 三元社 2009
  • 『世界をつなぐことば ことばとジェンダー/日本語教育/中国女文字』小林美恵子、桜井隆共編著 三元社 2010
  • 『日本語は美しいか 若者の母語意識と言語観が語るもの』桜井隆共編著 三元社 2010
  • 『日本語を学ぶ人の辞典』新訂 阪田雪子監修 遠藤編集主幹 にほんごの会企業組合編 新潮社 2011

出典・脚注[編集]

  1. ^ 著書一覧 遠藤織枝”. 新潮社. 2013年4月24日閲覧。
  2. ^ 中国女文字研究 遠藤織枝”. 国立国会図書館. 2013年4月24日閲覧。
  3. ^ 平成二十九年文化庁長官表彰名簿http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/1399061.html 

外部リンク[編集]