逸見石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
逸見石
henmilite
分類 ホウ酸塩鉱物
シュツルンツ分類 06.AC.30
Dana Classification 26.1.5.1
化学式 Ca2Cu[B(OH)4]2(OH)4
結晶系 三斜晶系
モース硬度 1.5 - 2
文献 [1][2]
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

逸見石(へんみいし、henmilite)は、鉱物ホウ酸塩鉱物)の一種。化学組成は Ca2Cu(OH)4B2(OH)8結晶系三斜晶系

産出地[編集]

岡山県高梁市布賀鉱山で発見された新鉱物で、現在のところ、原産地の布賀鉱山のみで産する。

性質・特徴[編集]

主に藍色紫色をなし、硬度は2。通常は小さな結晶で産出する。ガラス光沢をもつ。

逸見石は1986年中井泉などによって発表された新鉱物で、名前は岡山大学鉱物学者である逸見吉之助逸見千代子にちなむ。日本で発見された新鉱物のなかでもひときわ美しい外見を持ち、産出量が少なく極めて珍しいことから有名となった。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Henmilite, MinDat.org, http://www.mindat.org/show.php?id=1866 2011年9月26日閲覧。  (英語)
  2. ^ Henmilite, WebMineral.com, http://webmineral.com/data/Henmilite.shtml 2011年9月26日閲覧。  (英語)

参考文献[編集]

  • Izumi Nakai; Hisashi Okada, Kazunosuke Masutomi, Eiji Koyama, and Kozo Nagashima (1986). “Henmilite, Ca2Cu(OH)4[B(OH)42, a new mineral from Fuka, Okayama Prefecture, Japan”] (PDF). American Mineralogist 71: 1234-1239. ISSN 0003-004X. http://www.minsocam.org/msa/collectors_corner/amtoc/toc1986.htm. 
  • 草地功逸見石の鉱物学的性質 (PDF) 」 『鉱物学雜誌』第21巻第3号、日本鉱物学会、1992年、 127-130頁、 doi:10.2465/gkk1952.21.127ISSN 0454-1146
  • 松原聰宮脇律郎『日本産鉱物型録』東海大学出版会国立科学博物館叢書〉、2006年、51頁。ISBN 978-4-486-03157-4

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 逸見石”. 田邊鉱物化石コレクション. 2011年9月26日閲覧。