連邦環境・自然保護・原子力安全省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドイツの旗 ドイツの行政官庁
連邦環境・自然保護・原子力安全省
Bundesministerium für Umwelt, Naturschutz und nukleare Sicherheit
Logo Bundesministerium für Umwelt Naturschutz und nukleare Sicherheit.png
ボンの本庁舎
ボンの本庁舎
役職
環境・自然保護・
原子力安全大臣
スベーニャ・シュルツェ
概要
所在地 ボン
年間予算 22億8710万ユーロ(2019年)[1]
設置 1986年6月6日
ウェブサイト
https://www.bmu.de/
テンプレートを表示

連邦環境・自然保護・原子力安全省(れんぽうかんきょう・しぜんほご・げんしりょくあんぜんしょう、ドイツ語: Bundesministerium für Umwelt, Naturschutz und nukleare Sicherheit、略称:BMU)は、 ドイツ連邦共和国の連邦行政機関の1つ。本部はボンにあり、ベルリンに支所が置かれている。2019年現在の環境・自然保護・原子力安全大臣はスベ―ニャ・シュルツェ。

組織[編集]

連邦環境・自然保護・原子力安全省は、8つの総局(Directorate-General:DG)によって構成されている[2]

  • Z総局:中央機能、予算、研究
  • P総局:企画、戦略、報道、連絡
  • G総局:環境政策の戦略的・分野横断的側面、持続可能な開発、基本的な社会政策の問題、持続可能な開発のための部門別コーディネーター
  • IK総局:国際・欧州政策、気候政策
  • S総局:原子力安全、放射線防護
  • WR総局:水管理、資源保全
  • IG総局:アイミッション(Immission)管理、施設安全、輸送、化学安全、環境衛生
  • N総局:自然保全、自然資源の持続的利用

歴代環境大臣[編集]

所属政党:       キリスト教民主同盟(CDU)       同盟90/緑の党(Greens)       ドイツ社会民主党(SPD)

氏名 所属政党 在任期間 (内閣)
連邦環境・自然保護・原子力安全大臣
ヴァルター・ヴァルマンドイツ語版 CDU 1986年6月6日 1987年4月22日 第2次コール内閣
クラウス・テプファー CDU 1987年5月7日 1994年11月17日 第3次・第4次コール内閣
アンゲラ・メルケル CDU 1994年11月17日 1998年10月27日 第5次コール内閣
ユルゲン・トリッティン Greens 1998年10月27日 2005年11月22日 第1次第2次シュレーダー内閣
ジグマール・ガブリエル SPD 2005年11月22日 2009年10月28日 第1次メルケル内閣
ノルベルト・レットゲンドイツ語版 CDU 2009年10月28日 2012年5月22日 第2次メルケル内閣
ペーター・アルトマイヤー CDU 2012年5月22日 2013年12月17日
連邦環境・自然保護・住宅・原子力安全大臣
バーバラ・ヘンドリックスドイツ語版 SPD 2013年12月17日 2018年3月14日 第3次メルケル内閣
連邦環境・自然保護・原子力安全大臣
スベ―ニャ・シュルツェドイツ語版 SPD 2018年3月14日 現職 第4次メルケル内閣

脚注[編集]

  1. ^ Bundeshaushalt”. 2019年2月9日閲覧。
  2. ^ Organisational Chart”. 2019年2月9日閲覧。

外部リンク[編集]