通度寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
通度寺

Korea-Tongdosa-01.jpg

所在地 慶尚南道梁山市下北面芝山里583
位置 北緯35度29分17秒 東経129度3分53秒 / 北緯35.48806度 東経129.06472度 / 35.48806; 129.06472座標: 北緯35度29分17秒 東経129度3分53秒 / 北緯35.48806度 東経129.06472度 / 35.48806; 129.06472
山号 霊鷲山
宗派 曹渓宗(戒律宗⇒曹渓宗)
寺格 三宝寺院
五大叢林(霊鷲叢林)
曹渓宗の第15教区本寺
朝鮮三十一本山日本統治時代
本尊 仏舎利(本尊の仏像はなし)
創建年 646年新羅仁平13年、善徳女王15年)
開基 慈蔵
文化財 大雄殿と金剛戒壇(国宝290号)
テンプレートを表示
通度寺
各種表記
ハングル 통도사
漢字 通度寺
発音 トンドサ
日本語読み: つうどじ
テンプレートを表示

通度寺(つうどじ、トンドサ)は、大韓民国慶尚南道梁山市下北面、霊鷲山(영축산、ヨンチュクサン)の南麓にある仏教寺院。韓国仏教の最大勢力宗派である曹渓宗大韓仏教曹渓宗)の寺院で、三宝寺院や五大叢林(霊鷲叢林)に名をつらねる。また曹渓宗の第15教区本寺。創建時の宗派は戒律宗(南山宗)だった。仏舎利が安置されていることから、「仏宝寺刹」とも呼ばれる。なお、仏舎利は戒壇に納められているが、本堂(大雄殿)の仏壇には仏像がない。後方の窓を通じ、仏舎利が納められている戒壇を拝む配置になっている。

沿革[編集]

新羅の僧である慈蔵がで仏法修行して帰国した後、646年善徳女王の命令により創建したと『三国遺事』は伝える。慈蔵は唐からの帰国の際に仏舎利袈裟を持ち帰り、仏舎利を戒壇に納めたと伝えられている。

李氏朝鮮の時代、太宗による1407年(太宗7年)の仏教弾圧の際、存続を許された88寺院の中に曹渓宗の梁州通度寺という名前がある。しかし世宗による1424年(世宗6年)の仏教弾圧の際、存続を許された36寺院の中に名前がなく、廃寺になったようである(朝鮮の仏教#李氏朝鮮時代の仏教弾圧)。

その後、復興したが、文禄・慶長の役の際に焼失した。松雲大師によって1603年宣祖36年)に再建され、友雲によって1641年仁祖19年)に再建された。

日本統治時代1911年、寺刹令施行規則(7月8日付)によって、朝鮮三十本山に指定された(1924年以降は朝鮮三十一本山)。

文化財[編集]

通度寺は高麗時代に造成された多くの石造物を有することも特徴となっている。

  • 大雄殿と金剛戒壇(国宝第290号)
  • 奉鉢塔
  • 国長生石標

外部リンク[編集]