迷宮島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
迷宮島
ジャンル アクションパズル
対応機種 アーケード (AC)
開発元 ナナオ
発売元 アイレム
デザイナー 北浩也
プログラマー にしけんじ
松本茂一
音楽 石田雅彦
人数 1人
メディア 業務用基板
(928.31メガバイト
稼働時期 日本 1988061988年6月
デバイス 4方向レバー
2ボタン
CPU Z80 (@ 3.580 MHz)×3
サウンド Z80 (@ 3.580 MHz)
YM2151 (@ 3.580 MHz)
DAC
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
384×256ピクセル
55.00Hz
パレット256色
テンプレートを表示

迷宮島』(めいきゅうじま)は、1988年アイレムが稼動したアーケード用のアクションパズルゲーム。

1990年6月29日にはファミリーコンピュータ用ソフトとして発売された。なお、1991年に『迷宮島 Special』という名称でPCエンジンへの移植版が発売予定だったが、諸事情により発売中止となった。

本作の稼動前のタイトルは『キックルキューブル』であった。そのため1988年に発売されたサウンドトラックCD『アール・タイプ〜アイレム・ゲーム・ミュージック』に収録されている本作の曲は、『キックルキューブル』の曲として表記されている。また、主人公の名前がキックルであるなど、多少の名残がある。また、日本国外では『Kickle Cubicle』(キックル・キュービクル)のタイトルで発売されている。

なお、以下の内容はファミリーコンピュータ版のものである。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

ゲームの目的は、主人公キックルが魔王ノースを倒し、氷の世界に変えられてしまったゆめの国と国王、さらにその娘を取り戻すこと。

それぞれの面は、やさいの国(全17ステージ)、くだものの国(全17ステージ)、おかしの国(全16ステージ)、おもちゃの国(全17ステージ)に分かれている。

各ステージは海に囲まれた氷の島で、敵キャラクターを凍らせて氷にし、それを海に向かって蹴ることで陸地を作ることが出来る。ステージ内にある宝袋を3つ取ることでステージをクリアできる。各国のステージを全部クリアするとボス戦へと突入する。ボス戦は基本的に、ボスキャラクターが繰り出す攻撃をかわし、それによって発生したアイテムを蹴って攻撃する。

プレイヤーは制限時間切れになるか、敵キャラクターに当たるか、滑ってくる氷に触れるとゲームオーバーとなる。

また全ステージをクリアするとスペシャルステージとして高難易度のステージが20ステージ用意されている。

難易度[編集]

ゲームの難易度は、序盤は簡単なものが多く、後半に進むにしたがってパズル要素が強くなり、難易度が上がってくる。

特に最終ステージのおもちゃの国やスペシャルステージは、パズル要素だけでなくアクション要素も強くなり、プレイヤーを操作しつつ、パズルを解かなくてはならない高難易度なステージが続く。

登場キャラクター[編集]

キックル
このゲームの主人公。見た目は子どもで、赤い耳あてをつけている。お母さんと平和に暮らしていたが、ゆめの国の危機を知り魔王ノースを倒す旅にでる。口から冷気を噴いて敵を凍らせることができる。クリア後にはミルひめと結ばれ、ゆめの国の王子となる。
ミルひめ
魔王ノースにさらわれた国王の末娘で、おもちゃの国のお姫さま。ピンクのドレスを身にまとっている。クリア後には王国を救ったキックルと結ばれる。
トイス国王
夢の国の国王。
パンプひめ
やさいの国のお姫さま。赤いドレスを身にまとっている。
ルテアひめ
くだものの国のお姫さま。南国風の衣装を身にまとっている。
クリムひめ
おかしの国のお姫さま。水色のドレスを身にまとっている。

ボスキャラクター[編集]

魔王ノース
このゲームの最大の敵。おもちゃの国(4面)のボス。バケツをかぶった雪だるまの姿をしており、手に蛇の頭の飾りのついた杖をもっている。杖から大きな水色の玉を飛ばしてくる攻撃と、画面外へ消えた後にキックルの頭上へと落下する攻撃をしてくる。
コケラ
やさいの国(1面)のボス。左目に眼帯をつけたニワトリのような姿で、荒っぽい口調の持ち主。4つに分裂する大きな氷の塊を投げつけてくる。
ピロロ
くだものの国(2面)のボス。「〜っピ」という独特の口調で話すピエロ。分裂するバウンドボールとクルクルと前転しながらジャンプする体当たりで攻撃する。
カパン
おかしの国(3面)のボス。河童の姿をしたボスでかなりの強者と恐れられている。分裂する甲羅を投げてくる他に、手足を甲羅に引っ込めて高速回転しながらステージ中を動き回る体当たり攻撃を仕掛けてくる。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数 備考
1 日本 迷宮島
アメリカ合衆国 Kickle Cubicle
ヨーロッパ Kickle Cubicle
日本 199006291990年6月29日
アメリカ合衆国 1990091990年9月
ヨーロッパ 1990年
ファミリーコンピュータ アイレム アイレム 2メガビットロムカセット[1] 日本 IF-18
アメリカ合衆国 ES-QC-USA
-

スタッフ[編集]

  • ゲーム・デザイン:北浩也
  • プログラマー:にしけんじ(トータル・ディレクター)、松本茂一(リーダー)、きだにゆきや、きたむらみつや、たなかよしのり
  • グラフィック:MANCHAN (GIVE ME YOME)、KAME YAMAZAKI、わたやきよし、ひらがみき
  • サウンド:FAN、NORIBOZ、SCLAP
  • オブスタクラー:GOMASURI、KAZUCHAN、JR9CLE、BOOK BRIDGE、MAMA SUGAKO
  • 音楽:石田雅彦

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
Electronic Gaming Monthly32/40点 (FC)[2]
ファミ通25/40点 (FC)[3]
ファミリーコンピュータMagazine18.05/30点 (FC)[1]
Mean Machines72/100点 (FC)[2]
ファミリーコンピュータ版

ゲーム誌『ファミコン通信」の「クロスレビュー」では合計25点(満40点)[3]、、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、18.05点(満30点)となっている[1]。同誌1991年5月10日号特別付録の「ファミコンロムカセット オールカタログ」では、「反射神経がかなり必要なゲーム」と紹介されている[1]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.34 2.99 3.01 2.95 2.80 2.96 18.05

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店、1991年5月10日、 322頁。
  2. ^ a b Kickle Cubicle for NES (1990)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2017年6月24日閲覧。
  3. ^ a b 迷宮島 まとめ [ファミコン]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2017年6月24日閲覧。

外部リンク[編集]