辻茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

辻 茂(つじ しげる、1930年3月29日[1] -2017年7月2日[2])は、日本美術史学者。東京藝術大学名誉教授、西洋美術史専攻。

福井県敦賀市出身。 東京藝術大学美術学部藝術学科卒。イタリアに留学後、同大で教え、日本におけるイタリア美術史の権威の一人として指導に当たった。東京藝術大学美術学部助教授、教授。1997年定年退官、名誉教授。1996年『遠近法の発見』でマルコ・ポーロ賞受賞。退官後は、イタリアで暮らしていた。ルネサンス期の遠近法の研究で知られ、著書に「遠近法の誕生」など。肺炎のため、入院先のイタリア中部オルビエトの病院で死去、87歳。

著書[編集]

編纂[編集]

共著

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 東京新聞