辻康吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

辻 康吾(つじ こうご、1934年 - )は、日本の評論家中国学者。中華食文化研究センター代表。

来歴[編集]

東京府生まれ。1959年東京外国語大学中国語学科卒業。1961年立教大学法学部卒業。毎日新聞香港・北京特派員を経て、北京支局長、東京本社編集委員。その後、東海大学教授、獨協大学教授。2005年退職。

著書[編集]

  • 転換期の中国 1983.8 (岩波新書)
  • 中華曼陀羅 「10億人の近代化」特急 学陽書房 1985.11 のち岩波現代文庫
  • 北京激動-中国の民主 1989.8 (岩波ブックレット)
  • 中国考現学 大修館書店 1992.3
  • 中華人民笑話国 中国人、中国人を笑う 小学館 2008.8

編著[編集]

  • 現代中国の飢餓と貧困 二,〇〇〇万人餓死事件への証言/ 編 弘文堂 1990.11
  • 原典中国現代史 第4巻 社会 加藤千洋共編 岩波書店 1995.4

翻訳[編集]

  • キビとゴマ 中国女流文学選 加藤幸子共編 研文出版 1985.4
  • 河殤 中華文明の悲壮な衰退と困難な再建 蘇暁康、王魯湘 橋本南都子共訳 弘文堂 1989.6
  • 文化大革命十年史 厳家祺、高皋(監訳)岩波書店 1996.12 のち現代文庫
  • 中国共産党史の論争点 韓鋼(編訳)岩波書店 2008.7
  • 中国高度成長の構造分析 中国モデルの効用と限界 何清漣 勉誠出版 2010.4
  • 中国の新しい対外政策 誰がどのように決定しているのか リンダ・ヤーコブソン、ディーン・ノックス 2011.3 (岩波現代文庫)

参考[編集]