農口尚彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

農口 尚彦(のぐち なおひこ、1932年12月24日 - )は、日本杜氏現代の名工

略歴[編集]

  • 1932年昭和7年)12月24日 - 石川県珠洲郡内浦町(現・能登町)に祖父と父の二代続く杜氏の家に生まれる。
  • 1947年(昭和22年) - 松波新制中学校 卒業
  • 1949年(昭和24年) - 16歳の時、山中正吉商店で修行を始める[1]。その後は三重県の造り酒屋などで修行を積む。
  • 1961年(昭和36年) - 菊姫合資会社 杜氏 着任。
  • 1990年(平成2年) - 菊姫大吟醸がJAL初のファーストクラス搭載日本酒として採用される。
  • 1995年(平成7年) - 写真集『大吟醸[2]に被写体として掲載される。
  • 1997年(平成9年) - 菊姫合資会社を定年退職。
  • 1998年(平成10年) - 鹿野酒造合資会社 杜氏 着任。
  • 2003年(平成15年) - 『魂の酒』発行。
  • 2006年(平成18年) - 「現代の名工」認定、「厚生労働大臣表彰」受賞。
  • 2008年(平成20年) - 黄綬褒章 受章。
  • 2010年(平成22年) - NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』[3]に出演。
  • 2012年(平成24年) - 鹿野酒造合資会社を退職。
  • 2013年(平成25年) - 農口酒造の杜氏となる。
  • 2014年(平成26年) - 『和風総本家』「81歳の杜氏・農口尚彦 幻の名酒再生秘話」(テレビ東京)に出演。
  • 2017年(平成29年) - 農口尚彦研究所で若手杜氏育成のために杜氏として復活する。[4]

著作物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]