農口尚彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

農口 尚彦(のぐち なおひこ、1932年12月24日 - )は、日本杜氏現代の名工

各種ある日本酒の製法うち、吟醸酒ブームや山廃(やまはい)仕込み復活の立役者である。杜氏ではあるが、酒はほとんど飲めず、「一杯で真っ赤になる」。引退と現役復帰を三度繰り返し、「引退をあきらめた」としている[1]

略歴[編集]

著作物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]