赤松クニユキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

赤松クニユキ(あかまつ くにゆき、1971年12月23日 - )は日本のミュージシャン。本名「赤松邦之」。愛媛県北宇和郡吉田町出身。

来歴[編集]

宇和島東高校で野球部に在籍し、甲子園出場も果たすとともに、バンド活動をしていた。高校を卒業後、自衛隊に入隊してからも、バンドを結成し、2002年3月20日、ユニバーサルミュージック・ジャパンよりメジャー・デビュー。現在[いつ?]に至るまで、会社員をしながら音楽活動をしている。

2002年、サンダルバッヂとしてシングル「思ヒ空」でデビュー。2004年までメンバーを替えながらもサンダルバッヂとして活動。2006年から赤丸というユニットを結成。しばらく活動休止後、2011年より新生サンダルバッヂとして活動再開。

赤丸メンバーは、赤松クニユキ(ギター・ボーカル)丸尾和正(ドラム)小野一(ベース)TOWALK2002(映像) 新生サンダルバッヂメンバーは、赤松クニユキ(ギター・ボーカル・ハーモニカ)岡田年世(ドラム)小野一(ベース)

外部リンク[編集]