赤い玉、

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
赤い玉、
監督 高橋伴明
脚本 高橋伴明
製作 大日方教史
高橋惠子
小林良二
塩月隆史
出演者 奥田瑛二
音楽 安川午朗
撮影 小川真司
編集 鈴木歓
制作会社 北白川派 - 京都造形芸術大学映画学科
配給 渋谷プロダクション
公開 日本の旗 2015年9月12日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

赤い玉、』(あかいたま)は、2015年9月12日公開の日本映画R-18指定作品[1]

概要[編集]

監督脚本高橋伴明主演奥田瑛二。他に主人公の愛人役を不二子女子高生・律子役をオーディション選考による新人の村上由規乃が演じる。また高橋の妻である高橋惠子が出演と製作にも加わっている[2][3]。高橋伴明が監督を手がけた作品としては、日本映画では史上初のヘアヌードで知られる『愛の新世界』以来、約20年ぶりのエロス映画となる[4]。本作では、人生の後半における“老い”と“性”という不確実性の中で、更なる題材を求めて前向きに生きようとする男の人間模様を描いた[5]。 2015年、第39回モントリオール世界映画祭のワールドグレイツ部門に出品された[6]

あらすじ[編集]

大学教員に就きつつも映画監督である時田修次は、新作の撮影に臨んで行き詰っていた。時田は、愛人・唯の美貌に癒されながら脚本を練り、あくまでも経験に基づく作品を撮ろうと考えるが、そういった自分の生き方が、まるで映画の中でうろつく役柄のような気がしてならなかった。ところが、女子高生・律子との出会いによって、時田の心と人生に異変が起こり始める[7]

キャスト[編集]

[7][8]

スタッフ[編集]

[3][8]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]