貴島孝雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
貴島 孝雄
生誕 貴島 孝雄(きじま たかお)
(1949-01-09) 1949年1月9日(68歳)
日本の旗 徳島県吉野川市
居住 日本の旗 日本
研究分野 自動車工学感性工学
研究機関 山陽小野田市立山口東京理科大学
広島大学
出身校 徳島県立徳島東工業高等学校
プロジェクト:人物伝

貴島 孝雄(きじま たかお、1949年1月9日 - )は、日本工学者山陽小野田市立山口東京理科大学工学部教授。マツダの元エンジニア徳島県吉野川市出身。

ロードスターRX-7787Bといった同社を代表するスポーツカーレーシングカーの開発で知られる。

経歴[編集]

徳島県麻植郡鴨島町(現在の吉野川市)出身[1]徳島県立徳島東工業高等学校(現在の徳島県立徳島科学技術高等学校)卒業後、1967年に東洋工業(現在のマツダ)に入社。

1994年、平井敏彦の退職に伴い初代ロードスターの開発主査に就任し、その後は順次、2代・3代ロードスター及び3代目RX-7の開発主査を務める。2009年にマツダ株式会社定年退職。同年、山口東京理科大学工学部機械工学科教授就任。また、広島大学大学院社会科学研究科福山大学鳥取大学等で非常勤講師を歴任。

2011年、オートエクゼスーパーバイザーに就任。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 『マツダRX-7 ロータリーエンジンスポーツカーの開発物語』(望月澄男、小早川隆治 (編集)、三樹書房、2004年12月
  • 『感性重視の車開発 (特集 感性と車づくり)』(自動車技術会、2007年6月
  • 『ロードスター的幸福論』(三栄書房2012年4月

脚注[編集]

  1. ^ 人国記 産経新聞

外部リンク[編集]