貞廣一鑑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

貞廣 一鑑(さだひろ かずみ、1963年(昭和38年)[1] - )は日本の実業家。衣食住トータルプロデュースの株式会社商業藝術代表取締役社長(旧社名はア・ルーム・ウィズ・ア・ビュウ、株式会社ラヴ、Jellyfish.株式会社)。カフェや和食店を中心に全国に展開。インテリアや空間デザインなども手がける[1]日本テレビの「\マネーの虎」にも出演していた[1][2]広島県出身[1]

来歴・人物[編集]

1963年広島県生まれ。自衛官の父親のもとから高校3年生の時に家出をし、飲食業界に入る[1]。勤め先の本社が倒産したことをきっかけに[1]1993年1月27日に創業[3]。経営するア・ルーム・ウィズ・ア・ビュウは広島で複数の店舗を展開し、和食居酒屋「JAPANESE DINER & BAR 茶茶」やビストロ「キャラントサンク」、「café citoron」(カフェ シトロン)などが知られた[1][4]1999年の頃には「ポジティブ・イーティング」を提唱し、従来の和洋食などの概念にとらわれない、先進的な食生活スタイルを志向した[4]

2000年に東京進出を果たし、大阪、京都、横浜にも展開[1][5][6]2002年6月、株式会社ラヴに社名変更[6]。この頃日本テレビで放映されていた「\マネーの虎」に出演している[1][2][7][注釈 1]2006年6月1日にはJellyfish.株式会社へ社名変更し[要出典]、さらに2012年8月1日から株式会社商業藝術へ社名変更した[要出典]。単なる外食産業ではなく、映画館だった場所を社交場として「再編集」するなど、「再生文化・リカルチャー」や「対抗文化・カウンターカルチャー」を志向している[1]

2017年に商業藝術は株式会社ダイヤモンドダイニングの傘下入り[8]。傘下入り後も貞廣は引き続き同社の社長を続投[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ マネーの虎では数字よりも人情を優先する経営者と目されていた[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 株式会社商業藝術 代表取締役社長 貞廣一鑑さん”. 先輩創業者 SPECIAL INTERVIEW. ひろしまスターターズ. 2018年5月19日閲覧。
  2. ^ a b c 寺西ジャジューカ (2015年12月24日). “全員が破綻してるなんてウソ! ″時代の徒花″と称されがちな『マネーの虎』を振り返る”. livedoor NEWS. 2018年5月19日閲覧。
  3. ^ a b 会社概要”. 株式会社商業藝術. 2018年5月19日。
  4. ^ a b 「店舗ニュートレンド ポジティブイーティング茶茶--建築素材と間接照明で温かい未来空間を表現」、『日経レストラン』第276号、1999年9月、11-13頁。NAID 140000261441
  5. ^ 沿革 ~1999”. 会社概要. 株式会社商業藝術. 2018年5月19日閲覧。
  6. ^ a b 沿革 2002”. 会社概要. 株式会社商業藝術. 2018年5月19日閲覧。
  7. ^ マネーの虎の神回として知られる家具職人のその後と成功から学ぶこと”. フランチャイズの窓口 (2016年12月9日) 2018年5月19日閲覧。
  8. ^ 株式会社商業藝術(旧商号 Jellyfish.株式会社)の子会社化に関するお知らせ”. 株式会社ダイヤモンドダイニング (2017年4月27日) 2018年5月19日閲覧。

外部リンク[編集]

(インタビュー動画)