谷津直秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
谷津直秀

谷津 直秀(やつ なおひで、1877年9月8日 - 1947年10月2日)は日本動物学者。日本の動物生態研究の礎を築いた人物。Ph.D.コロンビア大学)。

来歴[編集]

東京で生まれる。その後、親と共に北海道に渡り、北海英語学校で学ぶ。1894年(明治27年)尋常中学共立学校卒業。1897年(明治30年)第一高等学校 (旧制)卒業。1900年(明治33年)東京帝国大学理科大学を卒業後、浅羽靖の援助によりアメリカ・コロンビア大学のE・B・ウィルソン英語版のもとで実験形態学の研究を行い、Ph.D.(博士号)の学位を得た。1907年(明治40年)に帰国し、東京帝国大学理科大学講師を嘱託され、1910年(明治43年)には同助教授となった。1920年(大正9年)慶応義塾大学医学部教授1922年(大正11年)東京帝国大学理学部教授となり、1936年(昭和11年)には帝国学士院会員を命ぜられる。1938年(昭和13年)退官して東京帝国大学名誉教授。

このほか、日本動物学会会頭も長年務めた。また、1920年(大正9年)財団法人北海中学校理事(‐1921年(大正10年))。1923年頃から徳川生物学研究所評議員[1]1939年(昭和14年)財団法人苗邨学園理事(‐1946年(昭和21年))を歴任した。

研究[編集]

大学在任中は実験動物学(特に、実験発生学、実験形態学、生理学生物学など)の指導・発展に努めた。日本における動物学の権威。

家族[編集]

義理の兄に浅羽靖がいる。北海英語学校時代からアメリカの留学時代まで一貫して谷津を資金面から支えた。

主要著書[編集]

などがある。

脚注[編集]

  1. ^ 科学朝日 『殿様生物学の系譜』 科学朝日、朝日新聞社、1991年、196頁。ISBN 4022595213

参考文献[編集]

  • 日本大百科全書(小学館
  • 『北海百年史:百折不撓』(北海学園創基百周年記念事業出版専門委員会編、北海学園、1986年)
  • 『北海学園百年史』(北海学園創基百周年記念事業出版専門委員会編、北海学園、1987年)