谷川明美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たにがわ あけみ
谷川 明美
プロフィール
出身地 日本の旗 日本愛知県名古屋市
生年月日 1966年10月30日
没年月日 (2007-07-14) 2007年7月14日(40歳没)
血液型 B型
職歴東海ラジオ放送アナウンサー
活動期間 1993年 - 2007年
出演番組・活動
過去 サタモニ・フリーウェイ
小島一宏 モーニングあいランド など

谷川 明美(たにがわ あけみ、1966年11月14日 - 2007年7月14日)は、元東海ラジオ放送 アナウンサー

経歴・人物[編集]

  • 愛知県名古屋市出身、本人曰く「生粋のナゴヤっ子」。
  • 多数の企業CMや特別番組でのナレーションを担当していた。
  • 1993年10月の入社以来多くの帯番組を担当していたが、2007年3月23日の「小島一宏 モーニングあいランド」の出演を最後に2007年3月24日より体調不良のためアナウンス業務を休養することになり、当日放送の「サタモニ・フリーウェイ」はピンチヒッターとして山崎聡子が務め、4月から担当することが発表されていた新番組「谷川明美の花鳥風月」も放送中止となった。代替番組には「天野良春"リアル"」が放送されていた(ちなみに、同番組は2014年9月まで放送された)。
  • 降板後は、東海ラジオのアナウンサーとして在籍したまま自宅療養を続け、一時は特別番組のナレーションを勤めるまでに回復していたが、2007年7月14日乳がんのため40歳の若さで死去。最後の仕事は奇しくも自らと同じ癌患者を取り上げた報道特別番組「〜その声が聞きたい〜 患者は声を求めている」(2007年5月27日放送)のナレーションであった。
  • 2007年11月6日に、テレビ朝日系「報道ステーション」のコーナー「さよなら…」で取り上げられた際に、姉を癌で亡くしたキャスターの古舘伊知郎は「これだけ愛されたアナウンサーが在職中にがんで亡くなるのは悲しいです」と語っている。

出演番組[編集]

エピソード[編集]

  • 神野三枝はよくネタとして谷川のことを「永遠のライバル」と称していた。
  • アナウンサーとしてはしっとりと落ち着いたトーンの語り口で知られたが、元同僚である相羽としえによれば名古屋出身である彼女は、平時は名古屋弁を話していたとある。
  • 日本野鳥の会の会員であり、気象友の会の会員でもあった。また、美術館巡りも趣味としており、それらの趣味を生かして東海ラジオ公式HPにおいて「谷川写真日記」を公開。毎月のように更新されていた。また、「小島一宏 モーニングあいランド」の公式HPには「谷川週末日記」として日記を綴っていた。山崎聡子浅田若菜川島葵と並び、アナウンサー紹介ページ内のオリジナルコンテンツ(日記)の更新頻度が高かった。