謎の家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
謎の家
La Demeure mystérieuse
著者 モーリス・ルブラン
発行日 1929年7月
発行元 Éditions Pierre Lafitte
ジャンル 推理小説
フランスの旗 フランス
言語 フランス語
前作バーネット探偵社
次作バール・イ・ヴァ荘
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

謎の家』(なぞのいえ、原題:La demeure mystérieuse)は、モーリス・ルブランの『アルセーヌ・ルパン』シリーズの一篇。1928年6月25日から7月31日にかけて、日刊ル・ジュルナル紙に連載。翌1929年ラフィット社から単行本刊行。初版3万部、増刷も合わせて合計4万部。ラフィット社は228万5千部発行したと誇大に広告で謳った。

バーネット探偵社』での名道化役・ベシュ刑事とのエピソードのうちの一編。一等航海士であり紳士探偵でもあるジャン・デンヌリ子爵ことアルセーヌ・ルパンは、ベシュ刑事と時には協力し、時には対決しながらメラマール伯爵家の悲劇と邸宅の謎を解き明かしていく。