赤い数珠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
赤い数珠
Le Chapelet rouge
著者 モーリス・ルブラン
発行日 1934年
ジャンル 推理小説
フランスの旗 フランス
言語 フランス語
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

赤い数珠』(あかいじゅず、原題:Le Chapelet rouge)は、モーリス・ルブラン1934年に発表した小説。

ジャン・ドルサック伯爵の屋敷で、金庫から株券が盗まれ、伯爵の妻リュシエンヌが殺害されるという事件が発生する。捜査に乗り出したルースラン予審判事は事件の謎を解明する。

主人公のルースラン予審判事は、1935年に発行されたアルセーヌ・ルパン譚の『カリオストロの復讐』にも登場するため、アルセーヌ・ルパンと同一の世界観と捉えられる。

注釈・出典[編集]