読書猿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
どくしょざる
読書猿
職業
  • 読書家
  • 作家
活動期間1997年 -

読書猿(どくしょざる、英: readingmonkey)は、日本の読書家・作家である[1][2][3]。「独学の達人[2][3]」「博覧強記の読書家[1]」などと称されている。

来歴・人物[編集]

幼少期から読書が苦手で、読書開始から20分以内には集中力が切れていたために、本を1冊読み終えるのに5年ほど掛かっていたことから、「読書家、読書人を名乗る方々に遠く及ばない浅学の身」として読書猿を名乗っている[1][4]。1997年からメルマガを開始し、2008年からブログ「読書猿 Classic」を開始し、主催している[4][5]。昼間は組織人として働いているため、通勤電車の中で原稿を書いたり、読書をしたりしていると話している[6][7]

トマス・アクィナスの『神学大全』のように、幅広い知識を網羅・注釈・組織した上で初心者が学習するための書物となることを願って、自身の書物に「大全」というタイトルを付けている[5]。『独学大全―絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法』は、「紀伊國屋じんぶん大賞2021 読者と選ぶ人文書ベスト30」では3位に入賞し[8]、「アンダー29.5人文書大賞」では新刊部門の1位を受賞している[9]。2020年10月には、東洋経済オンラインAmazonと共同で行っている「ビジネス・経済書」200冊ランキングで2週連続1位にランクインし、[10]、その後も1位に数回返り咲いている[11][12]

『アイデア大全 創造力とブレイクスルーを生み出す42のツール』は、ブログ「わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる」で紹介されており、東洋経済オンラインAmazonと共同で行っている「ビジネス・経済書」200冊ランキングでは13位にランクインした[13]

エッセイ「私をつくった中公新書」では、自分を作ったとする3冊として『数学の世界』『問題解決の心理学 人間の時代への発想』『人はいかに学ぶか 日常的認知の世界』の3冊を挙げている[14]

執筆の他に、良書の復刊をライフワークに掲げており[15][16]、これまで『現代文解釈の基礎』[17]『数学の世界』[18]の復刊に関わり、どちらも巻末解説を書いている。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 『人生を変えるアニメ (14歳の世渡り術)』河出書房新社 編集(河出書房新社、2018年8月、ISBN 9784309617145[19]
  • 『ライティングの哲学――書けない悩みのための執筆論』千葉雅也、山内朋樹、瀬下翔太 共著、(星海社新書、2021年7月、ISBN 9784065243275[20]
  • 『独学の教室』読書猿、吉田武、ウスビ・サコ、澤井康佑、鎌田敬介、志村真幸、青い日記帳、永江朗、佐藤優、柳川範之、石塚真一、岡部恒治、深川峻太郎、角幡唯介 共著、(集英社インターナショナル新書、2022年8月、ISBN 9784797681079[21]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 読書猿 | 著者ページ” (日本語). 東洋経済オンライン. 2021年4月29日閲覧。
  2. ^ a b 独学の達人が教える「歴史を学んでもどうせ意味がないよね」への究極の答え【新年度におすすめの記事】” (日本語). ダイヤモンド・オンライン. 2021年4月29日閲覧。
  3. ^ a b 横山耕太郎 (2020年12月30日). “「自己啓発の悪循環を断ち切れ」独学の達人・読書猿オススメの年末年始に読むべき1冊” (日本語). www.businessinsider.jp. 2021年4月29日閲覧。
  4. ^ a b 読書猿 DOKUSHOZARU | 現代ビジネス @gendai_biz”. 現代ビジネス. 2021年4月29日閲覧。
  5. ^ a b 読書猿 | 著者ページ”. ダイヤモンド・オンライン. 2021年4月29日閲覧。
  6. ^ 「独学大全」読書猿さんインタビュー 学ぶとは、生い立ちや境遇から自由になる最後の砦|好書好日” (日本語). 好書好日. 2021年4月29日閲覧。
  7. ^ 在野に学問あり 第6回 読書猿さん|B面の岩波新書” (日本語). B面の岩波新書. 2021年9月5日閲覧。
  8. ^ 「紀伊國屋じんぶん大賞2021 読者と選ぶ人文書ベスト30」を発表 | 株式会社 紀伊國屋書店”. 株式会社 紀伊國屋書店 - (2020年12月25日). 2021年4月29日閲覧。
  9. ^ 30歳以下の投票による「アンダー29.5人文書大賞」 「若者たちが選ぶ本は一般のランキングとは違う」|じんぶん堂” (日本語). じんぶん堂. 2021年4月29日閲覧。
  10. ^ 最新!「ビジネス・経済書」200冊ランキング | Amazon週間ビジネス・経済書ランキング” (日本語). 東洋経済オンライン (2020年10月27日). 2021年9月12日閲覧。
  11. ^ 最新!「ビジネス・経済書」200冊ランキング | Amazon週間ビジネス・経済書ランキング” (日本語). 東洋経済オンライン (2020年11月17日). 2021年9月12日閲覧。
  12. ^ 最新!「ビジネス・経済書」200冊ランキング | Amazon週間ビジネス・経済書ランキング” (日本語). 東洋経済オンライン (2020年12月1日). 2021年9月12日閲覧。
  13. ^ 最新!「ビジネス・経済書」200冊ランキング | Amazon週間ビジネス・経済書ランキング” (日本語). 東洋経済オンライン (2017年6月20日). 2021年4月29日閲覧。
  14. ^ 私をつくった中公新書/読書猿” (日本語). Web中公新書|中央公論新社. 2021年4月29日閲覧。
  15. ^ 【読書猿】「伝説の参考書」で知の土台を磨こう”. NewsPicks. 2022年8月7日閲覧。
  16. ^ 元司書が語る! 国立国会図書館の絶版本「読み放題解禁」がスゴい 読書猿が推す「良書復刊」プロジェクト 読書猿×書物蔵対談”. ダイヤモンド・オンライン. 2022年8月7日閲覧。
  17. ^ 伝説の現代文教本が復刊! 『独学大全』読書猿がすすめる『着眼と考え方 現代文解釈の基礎〔新訂版〕』解説”. じんぶん堂. 2022年8月7日閲覧。
  18. ^ 中公文庫『数学の世界』”. 中央公論新社. 2022年8月7日閲覧。
  19. ^ 人生を変えるアニメ” (日本語). 2021年7月24日閲覧。
  20. ^ ライティングの哲学――書けない悩みのための執筆論” (日本語). 2021年7月24日閲覧。
  21. ^ 独学の教室|集英社インターナショナル新書”. 集英社インターナショナル. 2022年8月7日閲覧。

外部リンク[編集]