証言ドキュメント 日本サッカーの50年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

証言ドキュメント 日本サッカーの50年(しょうげんドキュメント・にほんサッカーの50ねん)は、日本放送協会2010年2011年に制作したサッカー記録映画集である。

概要[編集]

日本サッカーはかつて弱小国といわれ、デッドマール・クラマーの指導によって強化された1968年メキシコオリンピックの銅メダル受賞後、長く国際舞台にすら立つことができない低迷が続いた。その後、1993年日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)発足、2002 FIFAワールドカップの日本誘致(結局は大韓民国との共同主催)推進にあたり、更なる強化を図ることになり、着実なる成長を遂げてきた。この日本サッカーの50年間を、当事者のインタビューと、関連の映像史料などを中心軸にして振り返ってみるというものであった。

出演[編集]

内容[編集]

第4回までは2010年のW杯前に製作された。第5回は2011年に新撮された。

出典[編集]

関連項目[編集]