角田勝次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

角田 勝次(つのだ かつじ、1943年9月28日 - 2011年2月14日)は、昭和時代の日本のバスケットボール選手。現明治大学女子バスケットボール部コーチ。

出身地[編集]

学歴[編集]

エピソード[編集]

  • 2m近い長身で、電車の網棚にのせた荷物を座ったままとれたという
  • 明治大学に進学、主力選手として活躍。全日本学生選手権優勝などの実績を残す
  • 1960年代を代表する日本のトッププレーヤーとして活躍
  • 1964年東京オリンピックに日本代表として出場。日本は10位に入った
  • 現役引退後、明治大学女子バスケットボール部のコーチとして後進の指導にあたった。