諸山文彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
諸山文彦
FUMIHIKO Moroyama
引退
身長(現役時) 183cm (6 ft 0 in)
--
基本情報
本名 諸山文彦
愛称 ミスター・バスケットボール
ラテン文字 FUMIHIKO Moroyama
日本語 諸山文彦
誕生日 (1943-08-14) 1943年8月14日(76歳)
日本の旗 日本
出身地 三重県
ドラフト  
選手経歴
1966-1973 日本鋼管

諸山 文彦(もろやま ふみひこ、1943年8月14日 - )は、三重県出身の元バスケットボール選手・指導者。身長183cm。ポジションはフォワード。「ミスター・バスケットボール」の異名を持つ。

来歴[編集]

東橋北小学校でバスケを始め、橋北中学校では県大会の決勝に進んだ。

しかし、桑名高校進学後は陸上部に入部し、走り幅跳びと走り高跳びに取り組んだが、結果は残せず。そんな中、中学時代に指導を受けたことがあるバスケ部の顧問から誘われて1年の途中でバスケ部に転籍。再びバスケの世界に足を踏み入れた。高校3年に東京五輪に向けた強化合宿に招集されたのを機に、全日本で活躍。

日本大学進学後、大学バスケ界の名監督と謳われた細島繁の指導を受ける。

卒業後は日本鋼管に入社。日本リーグ4連覇に貢献。

全日本でも東京五輪を始め、1963年1967年の世界選手権などに出場。

1973年現役引退。鋼管津のコーチに就任。

1976年には鋼管本社のコーチとなる。

現在は日本実業団バスケットボール連盟の役員を務め、2005年から2年間は理事長となる。

2008年、日本バスケットボール協会常務理事に就任。

経歴[編集]

  • 桑名高校 - 日本大学 - 日本鋼管(1966年〜1973年)

日本代表歴[編集]

  • 1963・1967年世界選手権
  • 1964年東京五輪
  • 1965年ユニバーシアード

関連項目[編集]