西阪仰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西阪 仰(にしざか あおぐ、1957年 - )は、日本の社会学者千葉大学教授。専攻はエスノメソドロジー会話分析

来歴[編集]

早稲田大学大学院文学研究科博士課程社会学専攻単位取得退学。1997年「相互行為分析という視点」で早稲田大学博士(文学)。1988年明治学院大学社会学部社会学科助手、89年専任講師、92年助教授、98年教授。2014年千葉大学文学部教授。

著書[編集]

  • 『相互行為分析という視点 文化と心の社会学的記述』金子書房 認識と文化 1997
  • 『心と行為 エスノメソドロジーの視点』岩波書店 現代社会学選書 2001
  • 『分散する身体 エスノメソドロジー的相互行為分析の展開』勁草書房 2008 

共編著[編集]

  • 『語る身体・見る身体 <附論>ビデオデータの分析法』山崎敬一共編 ハーベスト社 1997
  • 『会話分析への招待』好井裕明,山田富秋共編 世界思想社 1999
  • 『インタラクション 人工知能と心』上野直樹共著 大修館書店 2000
  • 『女性医療の会話分析』高木智世,川島理恵共著 文化書房博文社 ソキウス研究叢書 テクノソサエティの現在 2008
  • 『共感の技法 福島県における足湯ボランティアの会話分析』早野薫,須永将史,黒嶋智美, 岩田夏穂共著 勁草書房 2013

翻訳[編集]

  • G.サーサス、ハーヴィー・サックス、ハロルド・ガーフィンケル、エマニュエル・シェグロフ『日常性の解剖学 知と会話』北沢裕共訳 マルジュ社 1989
  • ジェフ・クルター『心の社会的構成 ヴィトゲンシュタイン派エスノメソドロジーの視点』新曜社 1998
  • H.サックス, E.A.シェグロフ, G.ジェファソン『会話分析基本論集 順番交替と修復の組織』世界思想社 2010

参考[編集]