西郷吉義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西郷吉義

西郷 吉義(さいごう よしみち、1855年12月15日安政2年11月7日) - 1927年昭和2年)9月3日)は、明治期から大正期の医師医学博士陸軍軍医学校長、宮内省侍医宮中顧問官を歴任する。正三位勲一等功四級

経歴[編集]

信濃国松本城下に松本藩士・西郷眞諒の次男として生まれ幼名を早苗と称し、後に叔父の西郷元善の養子となる[1][2]。祖先は松平康長に仕えた三河西郷氏1882年明治15年)東京大学医学部を卒業し、同期には青山胤通猪子止戈之助田代正等がいる[3]

卒業後、医学部准助教授(内科学)となった後、日本陸軍軍医となり陸軍一等軍医に任官し軍医学校教官(内科学担当)となった[1][2][4]1896年(明治29年)12月16日『明治二十七八年役陸軍衛生事蹟』編纂委員に任命され、また陸軍衛生会議議員に選ばれた。1903年(明治36年)陸軍軍医学校長となり、翌年軍医監(少将相当)に昇任した[1][2]。その間、東京衛戍病院長・近衛師団軍医部長を歴任。

1906年(明治39年)軍医学校長退任後宮内省侍医寮にて侍医兼務となり、陸軍休職後宮内省の許可を得て同年4月から1908年(明治41年)8月までドイツに私費にて留学した[5]。帰国後専任侍医となり、1910年(明治43年)侍医寮主事、1912年(大正元年)侍医頭に就任した[1][2]。同年2月21日医学博士号を授かり[6]、翌年侍医寮御用掛となった後、宮内省顧問官を仰せつかった[4]。その後、1927年(昭和2年)9月3日薨去。墓所は吉祥寺 (文京区)。父眞諒の墓も吉祥寺にあるが、場所は離れている。

栄典[編集]

位階
勲章等

エピソード[編集]

  • 明治天皇は、1912年(明治45年)7月10日より体調に変調を来たし、同月19日夕方には体温が40度を超え、翌20日以降東京帝国大学教授の青山胤通・三浦謹之助を呼び、侍医主事であった吉義と共に日夜診療にはげんだが、7月20日には様態が極度に悪化し7月30日天皇は崩御された。

著書[編集]

  • 「人体生理図 : 符号解」(ジョン・マーシャル著 西郷吉義訳 辻謙之介他 1884年)
  • 「詳約内科各論」(西郷吉義他著 南江堂 1899年)
  • 「中外医事新報 (371)」 P1「柳樹屯兵站病院ニ於ケル 虎列拉、及吐瀉病報告 西郷吉義」の項(日本医史学会 1895年9月)
  • 「日本医学会誌 第1回」 P209「腸管畳積症ニ就テ 西郷吉義」の項(日本医学会 1894年)
  • 「日本医学会誌 第2回」 P151「腸窒扶斯ニ就テ 西郷吉義」の項(日本医学会 1894年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「現代人名辞典」 Pサ6「西郷吉義」の項(古林亀治郎編 中央通信社 1912年)
  2. ^ a b c d 「代表的人物及事業」 医術界P14「西郷吉義」の項(時事通信社編輯局 時事通信社 1913年)
  3. ^ 「東京帝国大学一覧 従明治21年至22年」(東京帝国大学 1889年)
  4. ^ a b 「新撰大人名辞典 第3巻」(平凡社 1940年)
  5. ^ 「幕末明治海外渡航者総覧 第1巻」 P394「西郷吉義」の項(手塚晃・国立教育会館編 柏書房 1992年)
  6. ^ 「大日本博士録 大正11年9月1日」博士番号第268
  7. ^ 『官報』第2932号「叙任及辞令」1893年4月12日。
  8. ^ 『官報』第3862号「敍任及辞令」1896年5月16日。
  9. ^ 『官報』第4603号「叙任及辞令」1898年11月1日。
  10. ^ 『官報』第6101号「叙任及辞令」1903年10月31日。
  11. ^ 『官報』第396号「叙任及辞令」1913年11月22日。
  12. ^ 『官報』第1949号「叙任及辞令」1889年12月25日。
  13. ^ 『官報』第4910号「叙任及辞令」1899年11月11日。
  14. ^ 『官報』第3704号「叙任及辞令」1895年11月1日。
  15. ^ 『官報』第6573号「叙任及辞令」1905年5月31日。
  16. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年1月28日。
  17. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  18. ^ 『官報』第1001号「叙任及辞令」1915年12月2日。
  19. ^ 「鴎外の思い出」(小金井喜美子著 八木書店 1956年)