西ノ京丘陵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西ノ京丘陵(にしのきょう きゅうりょう)は、奈良県奈良市西部にある丘陵地である。

概要[編集]

洪積層からなる100メートル前後の丘陵地である。南端には郡山城址があり、近畿日本鉄道奈良線開通とともに、同丘陵にある菖蒲上池周辺はあやめ池遊園地の開演を皮切りとし、昭和34年の阪奈道路の開通や、国際ゴルフ場、奈良文華館帝塚山学園をはじめ大きく発展した。[1]

近鉄学園前駅付近は急速に住宅地が族生され、景観は一変した。[1]

主要施設[編集]

学校
交通


脚注[編集]

  1. ^ a b 齋藤建夫『郷土資料事典 奈良県』ゼンリン(1997年)

参考文献[編集]

  • 下中邦彦『日本歴史地名大系第30巻 奈良県の地名』平凡社(1981年)
  • 渡辺光・中野尊正・山口恵一郎・式正英『日本地名大辞典3』朝倉書店(1968年)
  • 齋藤建夫『郷土資料事典 奈良県』ゼンリン(1997年)

関連項目[編集]