蜃気楼龍玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

蜃気楼 龍玉(しんきろう りゅうぎょく)は、落語家名跡。旧字体は蜃気樓龍玉

初代[編集]

初代 蜃気楼しんきろう 龍玉りゅうぎょく
本名 住田 金作
生年月日 1827年
没年月日 1889年9月18日
出身地 日本の旗 日本
師匠 2代目立川金馬
名跡 1. 立川金作
2. 初代蜃気楼龍玉
活動期間 ? - 1889年

初代 蜃気楼 龍玉1827年(逆算) - 1889年9月18日)は落語家。本名、住田金作

2代目立川金馬の門になって本名の金作を取って立川金作の名で高座に上がり、のち蜃気楼龍玉に改名している。

大酒飲みで、酒癖の悪さからトラブルを起こすこともあり、席亭から禁酒を促されても上手くいかず、遂には寄席への出演を差し留められてしまった。

その後は大道講釈を行い生計を立てていたが、生活はますます苦しくなって好きな酒を口にすることも出来なくなり、失意のまま亡くなった。享年63。

人情噺の上手さは名人級で『水滸伝』『八百屋お七』『伴五郎』『雲霧五人男』『義士伝』などを得意とした。

弟子[編集]

2代目[編集]

2代目 蜃気楼しんきろう 龍玉りゅうぎょく
2代目 蜃気楼(しんきろう) 龍玉(りゅうぎょく)
本名 斎藤 愛之助
生年月日 1867年1月10日
没年月日 不詳年
出身地 日本の旗 日本群馬県高崎市
師匠 初代三遊亭遊輔
2代目三遊亭小圓朝
4代目橘家圓喬
名跡 1. 三遊亭高輔
2. 三遊亭圓平
3. 三遊亭圓璃
4. 2代目三遊亭遊輔
5. 2代目蜃気楼龍玉
活動内容 落語
幇間
配偶者 立花家朝治
家族 3代目三遊亭小圓遊(息子)

2代目 蜃気楼 龍玉1867年1月10日 - 没年月日不詳)は群馬県高崎市出身の落語家。本名、斎藤愛之助。息子は同じく落語家3代目三遊亭小圓遊

落語は芝居噺を得意とし他にも筆もたち、風流も好み、俳句都々逸も吟じ、即席問答なども巧みなものだった。 

実子小圓遊は、1926年北海道巡業中の函館腸チフスにかかり亡くなっている。妻の朝治と別れ、自身も寄席から退いていた時期の出来事であった。以前から親子の不仲説が絶えなかったが、亡くなって数日後に函館で追善興行を行なっている。それ以降は故郷高崎で隠居の身に入る。(特別な時のみ寄席に出演していた)

1938年3月には高齢の理由から引退し、以後は渋谷で龍玉のまま幇間になり、時折演芸会に出演していた。終戦のころに亡くなったという。

弟子[編集]

3代目[編集]

三代目 蜃気楼しんきろう 龍玉りゅうぎょく
Shinkirô Ryûgyoku the 3rd
三代目 蜃気楼(しんきろう) 龍玉(りゅうぎょく) Shinkirô Ryûgyoku the 3rd
蜃気楼龍玉定紋「裏梅」
本名 加藤かとう 暢彦のぶひこ
生年月日 (1972-11-10) 1972年11月10日(51歳)
出身地 日本の旗 日本埼玉県秩父市
師匠 六代目五街道雲助
名跡 1. 五街道のぼり
(1997年 - 2000年)
2. 金原亭駒七
(2000年 - 2005年)
3. 五街道弥助
(2005年 - 2010年)
4. 三代目蜃気楼龍玉
(2010年 - )
出囃子 川風
三下り箱根八里
活動期間 1997年 -
所属 落語協会
受賞歴
第5回岡本マキ賞(2000年)
第18回北とぴあ若手落語家競演会 北とぴあ大賞(2008年)
第69回文化庁芸術祭新人賞(2014年)
平成27年度国立演芸場花形演芸大賞(2016年)

三代目 蜃気楼 龍玉(しんきろう りゅうぎょく、1972年11月10日 - )埼玉県秩父市出身の落語家。本名∶加藤 暢彦出囃子は『川風』。

経歴[編集]

秩父市立南小学校、秩父市立第二中学校埼玉県立小鹿野高等学校中退。落語家になる前は大工をしていた。

1997年2月、五街道雲助に入門。前座名は「のぼり」。

2000年5月に第5回岡本マキ賞を受賞。6月に二ツ目昇進、「金原亭駒七」に改名。2005年2月に「五街道弥助」と改名した。2008年2月、第18回北とぴあ若手落語家競演会北とぴあ大賞を受賞。

2010年9月に入船亭扇里林家きく麿三遊亭鬼丸五代目柳家小せんと共に真打昇進、三代目蜃気楼龍玉を襲名。

2014年12月、第69回文化庁芸術祭新人賞を受賞。2016年3月に、平成27年度国立演芸場花形演芸大賞を受賞[1]

芸歴[編集]

演目[編集]

出演[編集]

インターネット[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成27年度 国立演芸場「花形演芸大賞」”. 落語協会 (2016年3月29日). 2021年6月27日閲覧。
  2. ^ 柳亭市馬、笑福亭仁智ら総勢12名が出演する夢の寄席が実現!『第二回ABEMA寄席』生放送決定”. ABEMA TIMES (2020年5月20日). 2020年5月23日閲覧。

出典[編集]