虚雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
虚雲
1840年9月5日-1959年10月13日
Xuyun.jpg
古岩
虚雲
生地 福建省泉州府晋江県
没地 江西省雲居山真如寺
宗派 禅宗
常開
妙蓮
弟子 本煥、佛源、浄慧、伝印、一誠
テンプレートを表示

虚雲(きょうん、1840年9月5日 - 1959年10月13日)は、中国禅僧[1][2]。名は古巌、字は徳清、法名は虚雲。福建省泉州府晋江県出身で俗姓は蕭氏。身兼臨済宗(第四十三世)・潙仰宗(第8世祖)・曹洞宗(第四十七世)・法眼宗(第8世祖)・雲門宗(第十二世祖)五宗法脈[3]

略歴[編集]

1840年9月5日、福建省泉州府晋江県に生まれた。本貫湖南省長沙府湘郷県。19歳で福建省鼓山湧泉寺にて出家得度、常開師事。妙蓮師のもとで具足戒を受ける。1892年、妙蓮は、虚雲に臨済宗衣法を授けた。耀成和尚は、虚雲に曹洞宗衣法を授けた。

27歳以後、浙江省天台山陝西省終南山四川省峨眉山西蔵ラサの名山古寺などで禅宗の教学を学ぶ。1901年(光緒27年)終南山駐錫。1909年(宣統元年)鶏足山護国祝聖寺駐錫。のち、雲南省昆明華亭寺、曹渓六祖道場南華寺駐錫。寺には住まなかったが再興に尽力した。1942年冬、陪都重慶市主持護国息災大悲法会。1943年冬、粤北乳源県雲門山大覚禅寺。寺には住まなかったが再興に尽力した。

1952年4月、北京市遠征。11月北京中国仏教協会発起。1953年6月3日、中国仏教協会創立、名誉会長に就任。全国政協委員に当選。

1959年10月13日、江西省雲居山真如寺にて示寂、享年120。法臘101。

著作[編集]

  • 『楞厳経玄要』
  • 『法華経略疏』
  • 『遺教経注釈』
  • 『円覚経支義』
  • 『心経解』

脚注[編集]