藤枝教行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
藤枝 教行
時代 江戸時代後期
生誕 宝暦8年(1758年
死没 天明5年8月14日[1]1785年9月17日
別名 安十郎、外記
氏族 徳山氏藤枝氏
父母 父:徳山貞明、養父:藤枝貞雄
兄弟 徳山貞中徳山貞寧松平貞応佐々成之藤枝教行徳山貞時
山田利寿の娘・みつ
貞吉、安十郎、寅之助、女子
テンプレートを表示

藤枝 教行(ふじえだ のりなり)は、江戸時代後期の旗本寄合席。旗本寄合席藤枝家最後の当主。藤枝外記(ふじえだ げき)の通称でも知られる。妻は養父の義理叔父で山田奉行山田利寿の娘・みつ。子は3男1女。通称は安十郎、外記。石高は武蔵国および相模国内に4000石。屋敷は湯島妻恋坂。

生涯[編集]

徳山則秀の子孫で藤枝方教の外孫でもある旗本寄合席で隠居後の徳川吉宗小姓などを勤め、布衣着帯を許可された徳山貞明の8男かつ末子として生まれる。なお貞明の妻は佐々成意(美濃守)の娘だが、藤枝家の系図では教行の母は某氏とされている。

安永2年(1773年)正月にはとこにあたる藤枝貞雄が死去し、同年2月には兄で徳山家嗣子である貞中も1女残して死去したものの、教行は藤枝貞雄の養子となり、実家の徳山家は竹本正章の子である貞時が養子となり跡を継いだ。安永7年(1778年)に将軍徳川家治へ初めて御目見えを済ませる。

藤枝家[編集]

寛政重修諸家譜によると養子先の藤枝家は、徳川家光側室順性院(お夏)の父の岡部重家を家祖とし、藤枝方孝の代で甲府藩家老になって藤枝氏を称した家で、方教の代で綱重の子の徳川家宣が将軍に就任した際に甲府藩領は幕府著勝となるに伴い、家臣団は幕臣として吸収され、藤枝家の子孫は幕府にて4500石の大身旗本となった。なお、方教の長女が徳山秀栄(又兵衛)の正室となり、後に離別しており、教行の祖母にあたる。

4500石の旗本寄合席になって以降の藤枝家は教行の実父、舅のように目立った幕職に就くことはなく、武鑑において大叔父の藤枝豊忠駿府加番や寄合金上納支配として掲載されている程度であった。

心中事件[編集]

大身である教行は、新吉原江戸町一丁目の妓楼大菱屋九右衛門抱えの遊女綾絹(綾衣とも。妻みつと同じ年の19歳)と深い仲になった。綾絹の身柄を裕福な商人が身請けするという話を聞いたとも、吉原遊びが幕府の知れるところとなり甲府勤番支配に回されることとなりそうになったともいうが、いずれにせよ綾絹に会えなくなると思いつめ、吉原から綾絹を(正式な手続き無しで)連れ出し逃走した。しかし程なく追っ手に見つかり、進退窮した2人は餌指(農家とも)の家で天明5年(1785年)に心中した。

藤枝家では、教行ではなく家人の辻団右衛門が死んだことにして、その死を隠蔽しようとしたが、やがて幕府役人に露見し、妻とその母本光院は縁者宅の一室に押し込め処分となり、藤枝家は改易処分となった。

長男の貞吉は早世しており、改易ののち、次男の安十郎は外祖父の山田利寿のもとに寓居し、三男の寅之助は従弟徳山貞栄のもとに寓居した。

江戸でこの事件は大きな話題を呼び「君とぬやるか(寝ようか)五千石とるかなんの五千石君とねよう」(大田南畝俗耳鼓吹』(1788年))という端唄が流行した。実際の藤枝家の知行は4000石から4500石であり5000石には満たないが、語呂が良いので俗謡にはそのように謡われた。この事件を題材にして、のちに岡本綺堂が「箕輪心中」を著した。

注釈[編集]

  1. ^ 寛政重修諸家譜」。大田南畝の「一話一言」では8月13日

参考文献[編集]

  • 寛政重修諸家譜 巻第三百八 徳山、巻第千四百六十一 藤枝
  • 日本人名大辞典(講談社)
  • 一話一言(大田南畝著)(日本随筆大成、吉川弘文館)