藤巻裕蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

藤巻 裕蔵(ふじまき ゆうぞう、1938年12月23日[1] - )は、日本鳥類学者。帯広畜産大学名誉教授山階鳥類研究所特任研究員、農学博士[2]。別名「祐蔵」。

来歴[編集]

1938年東京都出身[3]。1961年北海道大学農学部農業生物学科卒業。1966年北海道大学大学院農学研究科博士課程修了、農学博士[4]。北海道立林業試験場研究職員を経て、帯広畜産大学教授。2002年定年退職、名誉教授。

著書・訳書[編集]

論文[編集]

  • 藤巻裕蔵「モユルリ島の海鳥類」『鳥』第16巻第78号、日本鳥学会、1961年、 387-398頁、 doi:10.3838/jjo1915.16.78_387ISSN 0040-9480NAID 130003605606
  • 阿部永, 小林垣明, 藤巻裕蔵「北海道稚咲内におけるミコアイサの蕃殖」『鳥』第16巻第78号、日本鳥学会、1961年、 420-422頁、 doi:10.3838/jjo1915.16.78_420ISSN 0040-9480NAID 130003605612
  • 藤巻裕蔵「ヒメネズミの個体群構成の季節的変化について」『動物学雑誌』第74巻11-12、東京動物學會、1965年、 378頁、 NAID 110003364298
  • 藤巻裕蔵「北海道産ヒメネズミの外部形態の齢変異」『北海道大学農学部邦文紀要』第5巻第4号、北海道大学、1966年2月、 212-217頁、 ISSN 03675726NAID 120000952945
  • 阿部学, 藤巻裕蔵「北海道におけるアイサ類の新たな繁殖例」『鳥』第18巻第84号、日本鳥学会、1968年、 272-275頁、 doi:10.3838/jjo1915.18.84_272ISSN 0040-9480NAID 130003433147
  • 藤巻裕蔵「ヒメネズミの繁殖活動」『哺乳動物学雑誌』第4巻第3号、日本哺乳類学会、1969年、 74-80頁、 doi:10.11238/jmammsocjapan1952.4.74ISSN 0546-0670NAID 130001818692
  • 藤巻裕蔵「天然林におけるネズミ類の生息度と個体群構成の変動」『日本生態学会誌』第22巻第1号、日本生態学会、1972年、 50頁、 doi:10.18960/seitai.22.1_50_1ISSN 0021-5007NAID 110001881459
  • エヌ・エヌ・ヴオロンツオフ著 藤巻裕蔵·畑礼子訳「ネズミ類の消化器系の進化(I)」『哺乳類科学』第12巻第1号、日本哺乳類学会、1972年、 54-63頁、 doi:10.11238/mammalianscience.12.1_54ISSN 0385-437XNAID 130000884279
  • G.Fプロムレイ著 藤巻裕蔵·新妻昭夫訳「「南シベリアのヒグマとツキノワグマ—その比較生物学的研究—」」『哺乳類科学』第12巻第2号、日本哺乳類学会、1972年、 45-46頁、 doi:10.11238/mammalianscience.12.2_45ISSN 0385-437XNAID 130000884302
  • 藤巻裕蔵, 松岡茂「秋と冬のウトナイト沼の鳥類」『鳥』第21巻91-92、日本鳥学会、1972年、 316-324頁、 doi:10.3838/jjo1915.21.316ISSN 0040-9480NAID 130003433177
  • 藤巻裕蔵「ヨタカの営巣2例」『鳥』第22巻93-94、日本鳥学会、1973年、 30-32頁、 doi:10.3838/jjo1915.22.30ISSN 0040-9480NAID 130003605792
  • 藤巻裕蔵「美唄の鳥類:1. 生息期間と生息環境」『鳥』第22巻93-94、日本鳥学会、1973年、 38-46頁、 doi:10.3838/jjo1915.22.38ISSN 0040-9480NAID 130003605794
  • 藤巻裕蔵「408 エゾヤチネズミの秋の繁殖活動」『日本応用動物昆虫学会大会講演要旨』第17号、日本応用動物昆虫学会、1973年4月、 199頁、 NAID 110001081023
  • 藤巻裕蔵「エゾヤチネズミの繁殖活動-2-夏の繁殖活動の地域差」『北海道林業試験場報告』第11号、北海道立林業試験場、1973年6月、 121-131頁、 ISSN 03867277NAID 40018509048
  • 藤巻裕蔵「エゾヤチネズミの個体群動態解析」『哺乳類科学』第15巻第2号、日本哺乳類学会、1975年、 33-42頁、 doi:10.11238/mammalianscience.15.2_33ISSN 0385-437XNAID 130000884370
  • 藤巻裕蔵, 羽田恭子, 百武充, 松岡茂, 柳沢信雄「北海道におけるハイタカの冬の観察記録」『鳥』第24巻97-98、日本鳥学会、1975年、 63-65頁、 doi:10.3838/jjo1915.24.63ISSN 0040-9480NAID 130003605823
  • 藤巻裕蔵, 羽田恭子「北海道におけるヘラシギの記録」『山階鳥類研究所研究報告』第8巻第3号、山階鳥類研究所、1976年、 276-281頁、 doi:10.3312/jyio1952.8.276ISSN 0044-0183NAID 130003573106
  • 藤巻裕蔵「ヒメネズミの齢査定と成長」『哺乳類科学』第17巻第1号、日本哺乳類学会、1977年、 26-29頁、 doi:10.11238/mammalianscience.17.1_26ISSN 0385-437XNAID 130000884428
  • 藤巻裕蔵「北海道十勝地方の鳥類:1.新得山とその付近の鳥類」『山階鳥類研究所研究報告』第12巻第1号、山階鳥類研究所、1980年、 40-52頁、 doi:10.3312/jyio1952.12.40ISSN 0044-0183NAID 130003572595
  • 藤巻裕蔵, 戸田敦夫「北海道十勝地方の鳥類:2.帯広市の都心部とその周囲の鳥類」『山階鳥類研究所研究報告』第13巻第3号、山階鳥類研究所、1981年、 183-195頁、 doi:10.3312/jyio1952.13.183ISSN 0044-0183NAID 130003572614
  • 小林茂雄, 藤巻裕蔵「落葉広葉樹林とカラマツ人工林における繁殖期の鳥類群集」『鳥』第34巻2-3、日本鳥学会、1985年、 57-63頁、 doi:10.3838/jjo1915.34.57ISSN 0040-9480NAID 130003433251
  • 新田和弘, 藤巻裕蔵「繁殖期におけるオオジシギの日周活動の季節変化」『鳥』第34巻2-3、日本鳥学会、1985年、 49-55頁、 doi:10.3838/jjo1915.34.49ISSN 0040-9480NAID 130003433254
  • 藤巻裕蔵「北海道南部の落葉広葉樹林における繁殖期の鳥類群集」『日本鳥学会誌』第35巻第1号、日本鳥学会、1986年、 15-23頁、 doi:10.3838/jjo.35.15ISSN 0913-400XNAID 130003564504
  • 藤巻裕蔵「北海道におけるシロフクロウの記録」『日本鳥学会誌』第36巻2-3、日本鳥学会、1987年、 101-103頁、 doi:10.3838/jjo.36.101ISSN 0913-400XNAID 130003564514
  • 竹内正人, 大島義広, 藤巻裕蔵「日高山脈中・北部におけるネズミ類の分布」『帯広畜産大学学術研究報告 第1部』第15巻第2号、帯広畜産大学、1987年6月、 157-165頁、 ISSN 0470925XNAID 110006454548
  • 藤巻裕蔵「北海道におけるコウノトリの記録」『日本鳥学会誌』第37巻第1号、日本鳥学会、1988年、 37-38頁、 doi:10.3838/jjo.37.37ISSN 0913-400XNAID 130003424380
  • 藤巻裕蔵, 柳川久, 谷口明里「北海道の低地におけるホシガラスの越冬」『日本鳥学会誌』第38巻第2号、日本鳥学会、1989年、 104-106頁、 doi:10.3838/jjo.38.104ISSN 0913-400XNAID 130003564534
  • 隅田重義, 吉沢貞一, 越田幹男, 藤巻裕蔵「函館地方におけるクマゲラの繁殖」『山階鳥類研究所研究報告』第22巻第2号、山階鳥類研究所、1990年、 124-132頁、 doi:10.3312/jyio1952.22.124ISSN 0044-0183NAID 130003426470
  • 笹岡久美子, 藤巻裕蔵「エゾライチョウ幼鳥の人工飼料と摂食量」『日本鳥学会誌』第39巻第1号、日本鳥学会、1990年、 25-32頁、 doi:10.3838/jjo.39.25ISSN 0913-400XNAID 130003564541
  • 藤巻裕蔵, 小西秀典「アンケート調査にもとづく北海道におけるエゾライチョウの生息状況」『山階鳥類研究所研究報告』第28巻第2号、山階鳥類研究所、1996年、 81-91_1、 doi:10.3312/jyio1952.28.81ISSN 0044-0183NAID 130003572817
  • 藤巻裕蔵「北海道中部・南東部におけるコムクドリとムクドリの生息状況」『帯広畜産大学学術研究報告 自然科学』第20巻第4号、帯広畜産大学、1998年6月、 245-252頁、 ISSN 09193359NAID 110006458122
  • 小菅正夫, 中川元, 橋本正雄, 福田丞, 小野登志和, 森川久, 鍛冶哲郎, 藤巻裕蔵, 北村健一, 菅雅史, 志村良治, 住吉尚, 武智英生, 齊藤慶輔, 阿部周一, 白木彩子「オジロワシの野生復帰計画」『日本野生動物医学会誌』第4巻第2号、日本野生動物医学会、1999年、 81-91頁、 doi:10.5686/jjzwm.4.81ISSN 1342-6133NAID 110002683146
  • 馬場芳之, 藤巻裕蔵, 小池裕子「日本産エゾライチョウ Bonasa bonasia の遺伝的多様性と遺伝子流動」『日本鳥学会誌』第48巻第1号、日本鳥学会、1999年、 47-60頁、 doi:10.3838/jjo.48.47ISSN 0913-400XNAID 130003424429
  • 藤巻裕蔵「北海道における最近のエゾライチョウの減少」『日本鳥学会誌』第48巻第4号、日本鳥学会、2000年、 281-284頁、 doi:10.3838/jjo.48.281ISSN 0913-400XNAID 130003564649
  • 藤巻裕蔵「北海道中部・南東部におけるシジュウカラとゴジュウカラの繁殖期の生息状況」『森林野生動物研究会誌』第35巻0、森林野生動物研究会、2010年、 1-6頁、 doi:10.18987/jjwrs.35.0_1ISSN 0916-8265NAID 110009931037
  • 藤巻裕蔵「北海道中部・南東部におけるウズラの繁殖期の生息状況」『日本鳥学会誌』第59巻第1号、日本鳥学会、2010年、 55-60頁、 doi:10.3838/jjo.59.55ISSN 0913-400XNAID 130004496992
  • 藤巻裕蔵「北海道中部・南東部におけるマミジロとトラツグミの繁殖期の分布」『森林野生動物研究会誌』第39巻0、森林野生動物研究会、2014年、 1-6頁、 doi:10.18987/jjwrs.39.0_1ISSN 0916-8265NAID 130005628115
  • 藤巻裕蔵「北海道中部・南東部におけるコゲラとコアカゲラの繁殖期の生息状況」『森林野生動物研究会誌』第40巻0、森林野生動物研究会、2015年、 1-6頁、 doi:10.18987/jjwrs.40.0_1ISSN 0916-8265NAID 130006602339

賞詞[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.428
  2. ^ 国立大学法人帯広畜産大学名誉教授[1]
  3. ^ a b c d e プロフィールと近況報告[リンク切れ]
  4. ^ 藤巻裕蔵, 「北海道におけるヒメネズミの個体群変動に関する研究」北海道大学 博士論文、1966年、甲第418号、NAID 500000425071
  5. ^ 環境省 2002

外部リンク[編集]