藤原長子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤原 長子(ふじわら の ながこ、承暦3年(1079年)頃 - 没年不詳)は、平安時代後期の女官である。『讃岐典侍日記』の作者。父は讃岐入道藤原顕綱。兄に家通、姉に藤三位(とうさんみ)と呼ばれた堀河天皇乳母の兼子女房名讃岐典侍(さぬきの(ないしの)すけ)。

生涯[編集]

兼子堀河天皇乳母であったことから、康和2年(1100年)堀河天皇に出仕[* 1]、翌年暮に典侍に任じられ[* 2]、その身近で「もろともに八年の春秋」[1]を過ごした[* 3]嘉承2年(1107年)7月、堀河天皇の病重く重態に陥ると、その側を離れず最期の時まで看病し続けた。

一度は、宮仕えから身を退いたが、翌天仁元年(1108年)から白河院の強い意向を受け、幼帝鳥羽天皇の典侍として再出仕した。その後、時期は不明だが、典侍の職を辞していたと思われる。

元永元年(1118年)秋ごろから、しばしば先帝堀河院の霊が憑き、鳥羽天皇を守護すると称して内裏に常駐するようになった。そして中宮璋子(待賢門院)の懐妊を予言、皇子誕生を朝夕に内侍所で祈り、翌元永2年(1119年)実現させた(後の崇徳天皇)。鳥羽天皇をはじめとして内裏での信を得ていたが、やがて堀河院の霊の言葉として、兄道経を近江守に任ぜよと命じたり、種々雑多のこと[* 4]を言い出し、白河院により参内を停止された[* 5]

これら以外の伝記的情報は乏しい。藤原俊成の母とする説もあった[* 6]が、その可能性は低いとされる[2]

逸話[編集]

長子が『讃岐典侍日記』に書き留めた幼帝鳥羽天皇の口ずさみ「ふれふれこゆき」は、200年あまり後に、吉田兼好によって「昔より言ひけることにや」と、引用されている[3]。文字に残されたわらべうたの記録[4]として最古のものという。

作品[編集]

勅撰集
歌集名 作者名表記 歌数
新勅撰和歌集 堀河院讃岐典侍  1
日記文学
  • 讃岐典侍日記』2巻。堀河天皇の崩御を、その側近が愛情をこめて綴った作品。本作中に自作和歌10首(うち1首は『新勅撰和歌集』と重複)を含む。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 堀河天皇と概ね同世代とし、長子22歳頃と仮定する研究者もいる(森田(参考文献))。
  2. ^ 「今朝供御薬 陪膳新典侍藤原長子 顕綱女也 夜前任典侍」(『中右記』 康和四年正月一日条)
  3. ^ 堀河天皇の後宮に有力な寵妃が乏しく(中宮篤子内親王は19歳年上の叔母であり、唯一の女御藤原苡子は皇子出産後すぐに没している)典侍達がその立場にあったと想像される(大内(参考文献))。
  4. ^ 白河院と中宮璋子の秘事の告発とも推測されている(保立道久 『平安王朝』 191 1996年11月20日 岩波書店 ISBN 4-00-430469-5)。
  5. ^ 「伊予守語云 候内裏故讃岐前司顕綱姫 字讃岐前典侍 此間称先朝御霊 堀川院 奏種々雑事 己及大事 仍召彼兄和泉前司道経 邪気間暫不可令参内之由 被召仰云々 是上皇御気色也」(源師時長秋記元永二年八月廿三日条)
  6. ^ 大友洋子 「讃岐典侍日記作者考証--藤原長子俊成卿母のことについて」 『女子大国文』 (10) 1958年10月 京都女子大学国文学会

出典[編集]

  1. ^ 『讃岐典侍日記』 序
  2. ^ 森田(参考文献)
  3. ^ 『徒然草』 第百八十一段
  4. ^ 秋山(参考文献)

参考文献[編集]