藤原守胤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤原 守胤(ふじわら もりたね、1901年10月11日 - 1977年12月14日)は、日本のアメリカ史学者。

福岡県福岡市生まれ。1925年慶應義塾大学法学部政治学科卒、ヨーロッパに学び、1927-1930年ハーバード大学大学院に在籍。1942年立教大学アメリカ研究所常務理事、1945年所長。1949年立教大学教授。1950年「アメリカ建国史論」で東京大学法学博士。1951年慶大法学部教授。理事を務め、1970年退職、名誉教授、京都外国語大学教授を務めた[1]高木八尺らとアメリカ学会を設立した。

著書[編集]

  • 『アメリカ建国史論』有斐閣 1940
  • 『アメリカ政治讀本』コバルト社 1946
  • 『アメリカ革命史論 アメリカ憲法の背景と原理』慶応出版社 1949
  • 『民主主義精神の探究』岩波書店 1950
  • 『アメリカの民主政治』慶応義塾大学法学研究会 1960
  • 『自由国家 民主主義の原理』有斐閣 1963

共著[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]