藤原利基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
藤原利基
時代 平安時代前期
生誕 不詳
死没 不詳
官位 従四位上右近衛中将
主君 清和天皇陽成天皇光孝天皇宇多天皇
氏族 藤原北家良門流
父母 父:藤原良門、母:飛鳥部名村の娘
兄弟 利基高藤利世
文屋春雄の娘
当麻松咸の娘
伴氏
御春豊宗の娘
世秀兼生忠彦兼茂惟彦兼輔
テンプレートを表示

藤原 利基(ふじわら の としもと)は、平安時代前期の貴族藤原北家内舎人藤原良門の子。官位従四位上右近衛中将

経歴[編集]

貞観2年(860年正六位上から従五位下に昇叙される(この時の官職は左衛門大尉)。貞観4年(862年内匠頭を経て、貞観8年(866年)左衛門佐に任ぜられると、のち右近衛少将を務めるなど、清和朝半ばから陽成朝にかけて六衛府の武官を務める。またこの間、貞観11年(869年)従五位上、貞観19年(877年正五位下元慶3年(879年)従四位下に昇進している。

光孝朝に入ると左馬頭に遷り、仁和2年(886年)従四位上に至る。宇多朝では右近衛中将を務めた。寛平年間(889-898年)に卒去。最終官位は従四位上右近衛中将。

官歴[編集]

注記のないものは『日本三代実録』による。

系譜[編集]

注記のないものは『尊卑分脈』による。

  • 父:藤原良門
  • 母:飛鳥部名村の娘
  • 妻:文屋春雄の娘
    • 男子:藤原世秀
  • 妻:当麻松咸の娘
  • 妻:伴氏
  • 妻:御春豊宗女[2]
    • 男子:藤原兼生
  • 母不詳
    • 男子:藤原忠彦
    • 男子:藤原惟彦

脚注[編集]

  1. ^ 『尊卑分脈』
  2. ^ 鈴木真年『百家系図稿』巻9,御春朝臣。『尊卑分脈』では御谷豊宗女とするが誤記か(宝賀[1986: 1614] )

参考文献[編集]