藤原俊義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藤原 俊義
Toshiyoshi FUJIWARA
人物情報
生誕 1960年(57–58歳)
日本の旗 日本岡山県
出身校 岡山大学
学問
研究分野 医学
研究機関 岡山大学
テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンターアメリカ
学位 医学博士
称号 岡山大学教授
岡山大学病院副病院長
オンコリスバイオファーマ株式会社特別顧問
医師など
学会 日本外科学会
日本消化器外科学会
日本胸部外科学会
日本呼吸器外科学会
日本癌学会
日本癌治療学会
日本胃癌学会
日本肺癌学会
日本遺伝子治療学会
日本再生医療学会
アメリカ癌学会など
公式サイト
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科消化器外科学のホームページ
テンプレートを表示

藤原 俊義(ふじわら としよし 1960年 - )は、日本医学者教育者医師外科医)、医学博士岡山大学教授岡山大学病院副病院長オンコリスバイオファーマ株式会社特別顧問などを務める[1][2]

概要[編集]

専攻は医学(特に消化器外科学腫瘍外科遺伝子治療など)。 岡山県出身。

活動[編集]

など[11]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科消化器外科学
  2. ^ オンコリスバイオファーマ株式会社役員構成
  3. ^ 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科消化器外科学スタッフ紹介
  4. ^ 研究を臨床に応用トランスレーショナルリサーチを実践 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科消化器外科学藤原俊義教授(岡山大学病院 副病院長)
  5. ^ オンコリスバイオファーマ株式会社
  6. ^ 会社四季報ONLINE オンコリスが苦難を越えて実現目指す、がん細胞を溶かす治療薬(上)目下のミッションは、開発費のさらなる調達
  7. ^ ”死の谷”を越えて バイオベンチャー列伝4:週刊東洋経済eビジネス新書 No.212
  8. ^ 岡山大学:クラゲの蛍光タンパク質で、血中がん細胞を捕獲 遺伝子変異の高感度検出が可能に
  9. ^ 【がん診断】ノーベル賞技術「テロメスキャン」はPET検査で異常なしの極小がんを捉える(3)
  10. ^ 岡山大学:広がったがん細胞へ選択的に治療薬を届ける新技術を開発 新規T細胞「HOZOT」のウイルス療法への応用
  11. ^ 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科消化器外科学スタッフ紹介

関連項目[編集]

外部リンク[編集]