藤井保彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤井 保彦(ふじい やすひこ、1943年4月5日 - )は、日本物理学者理学博士東京大学名誉教授。専門は、物性物理実験(中性子・X線散乱による構造物性研究)。

人物・略歴[編集]

広島大学附属福山高等学校を卒業後、大阪大学理学部へ入学。同大学院へ進学するも就職のため博士課程を中退[1]。その後、筑波大学教授東京大学物性研究所教授を経て退官。その後、独立行政法人日本原子力研究開発機構量子ビーム応用研究部門長、財団法人総合科学研究機構東海事業センター長を務め、一般社団法人日本物理学会副会長を経て、会長に就任する。

著書[編集]

  • 実験環境技術(丸善実験物理学講座) - 丸善(共著・編集)
  • 構造解析(丸善実験物理学講座) - 丸善(単著・編集)
  • X線・中性子の散乱理論入門 - 森北出版(共著・翻訳)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 一般社団法人日本物理学会副会長プロフィールより。
  2. ^ 博士論文書誌データベースによる

出典[編集]

関連項目[編集]